「BioShock」

かつて2011年のE3とgamescom開催時に対応タイトルの1つとしてロゴが公開され、完全新作となることが報じられたものの、その後ほとんど具体的なディテールが報じられることなくIrrational Gamesの大規模レイオフと“BioShock”IPの移管に伴いプロジェクトが立ち消えてしまったPS Vita版「BioShock」ですが、先ほどお馴染みKen Levine氏が本作の開発にまつわる経緯や作品の概要に言及。PS Vita版“BioShock”が“ファイナルファンタジータクティクス”スタイルの作品だったと明かし注目を集めています。

Ken Levine氏の説明によると、PS Vita版“BioShock”は最終的に2KとSonyの提携が合意に至らなかったことにより頓挫したもので、Ken Levine氏は2011年の発表時にはこれが今よりも楽観的に感じられていたと説明。さらに、自分自身でこのタイトルを開発することができればと希望を語った上で、弁護士が絡む類の問題からこれを進めることが出来ないことを明かし、今も自身がPS Vitaを愛していると強調しました。

さらに、作品の内容に踏み込んだKen Levine氏は、PS Vita版“BioShock”が崩壊前のラプチャーを舞台にした“ファイナルファンタジータクティクス”スタイルのタイトルだったと説明。事前情報通り、これまでのShockシリーズとは全く異なる完全新作だったことが判明しています。

余談ながら、PS4向け“BioShock Infinite”GOTY版の可能性についてファンの質問に応えたKen Levine氏は、本人もそれを望んでいるものの残念ながら自身に決定権が無いことを明らかにしています。

情報元:Gaming Everything

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.