「Saints Row: Gat Out of Hell」
サタンと愛娘イゼベルちゃん

昨晩、PAX Primeの開幕に併せて正式アナウンスが行われ、誘拐された“3rd Street Saints”のリーダーを救うために天使の羽をまとったジョニー・ギャットが地獄の都市ハデスを蹂躙する作品となることが判明した“Saints Row IV”のスタンドアロン拡張タイトル「Saints Row: Gat Out of Hell」ですが、新たに本作が“眠れる森の美女”や“アラジン”、“メリダとおそろしの森”といったディズニー映画のプリンセスストーリーに強い影響を受け、あまつさえミュージカル要素まで導入していることが明らかになりました。

今回は、Volition版ディズニーストーリーとも言える新作のカオス過ぎるディテールに加え、ジョニー・ギャットとキンジーのツープラトンや“椅子”プレイが確認できるフッテージを収録したパネルディスカッションの直撮り映像をまとめてご紹介します。

PAX Prime会場で上映されたゲームプレイフッテージ
「Saints Row: Gat Out of Hell」
とてもサタンの娘には見えないイゼベル
  • “Gat Out of Hell”におけるディズニー作品の影響は、Game Informerが公開したクリエイティブディレクターSteve Jaros氏のインタビューから判明したもので、氏はこれまでの“Saints Row IV”が直接的かつシニカルなパロディを特色としたことを前置きした上で、今回のディズニープリンセス成分やミュージカル要素がパロディではないと強調。むしろVolition版ディズニーストーリーとも言えるオマージュを捧げた作品であることをアピールしている。
  • リーダーの誘拐は、史上最大/最多のカオスを人類にもたらした張本人こそ娘の婿に相応しいと考えたサタンが実行したものだが、当のイゼベルは結婚を望んでおらず、父親との関係にある種の軋轢が生じている。
  • 父と娘が望まぬ結婚を理由に言い争う最中、突如2人の会話がミュージカルにシフト。ストーリープロットの展開そのものがミュージカルの楽曲と歌詞によってダイナミックに進行する。
  • サタンの娘イゼベルのデザインは、ディズニープリンセスにインスパイアされている。
  • 多くのおとぎ話が忠実な動物のサイドキックを特色とするが、本作に人語を解し喋る動物は登場しない。代わりに喋る銃が登場する。
  • サタンとイゼベルだけではなく、ジョニー・ギャットやキンジーにもミュージカルシーンが用意されている。
  • 本作に登場するミュージカルシーンは全て異なるディズニー映画にインスパイアされたもので、リトル・マーメイドの“Part of your World”や、アラジンとジャスミンの出会い(※ イゼベルが逃げるシーンに影響を与えたとのこと、示唆的すぎ)、結婚を望まないメリダを描いた“メリダと恐ろしの森”のシーンが具体的な例として挙げられている。
「Saints Row: Gat Out of Hell」
イゼベルに結婚を強いる父サタン
参考:昨晩公開された“Gat Out of Hell”のアナウンストレーラー
情報元及びイメージ:Game Informer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.