「Halo 5: Guardians」

先日、数種のバリアントマップや“Breakout”モードの導入を経て、第2フェーズ入りを果たした343 Industriesの「Halo 5: Guardians」マルチプレイヤーベータですが、新たにDigitalfoundryがベータビルドのパフォーマンスを検証した3マップ分のプレイ映像が登場。720pに抑えた開発中のベータビルドながら、既に良好な60fps動作を実現していることが明らかになりました。

343 Industriesが“技術的に大きなリセット”と評する新エンジンを採用(一部過去の資産を流用)している“Halo 5: Guardians”ですが、以前にお伝えした通り今回のマルチプレイヤーベータはゲームプレイにフォーカスしたもので、グラフィック周りのブラッシュアップと最適化は開発の後半に予定されており、720pの解像度が最終的な仕様ではないことが報じられていました。(※ 参考

その一方で、ベータビルドにはモーションブラーやアンビエントオクルージョン、ブルーム、レンズフレア等に代表される新しいライティングとスクリーンスペースエフェクトの進化が確認できるほか、シリーズの特徴であるHalo固有の物理表現(ジャンプやグレネードのバウンド、スパルタンのラグドール)をしっかり維持しており、今後のさらなる開発に伴うゲームプレイとビジュアル双方の進化に大きな期待が掛かる状況となっています。

余談ながら、今回のベータビルドにはゲームプレイから分離されたリフレッシュレートの存在が確認されており、カットシーン用のキャラクターアニメーションとカメラのアップデートが30~40fpsで動作しているものの、実際のゲームプレイには影響を与えていないとのこと。

一部50fps近いの動作とティアリングが見られるものの
概ね良好な60fpsが確認できる“Empire”マップの4vs4 Slayer
さらに安定した60fps動作と最適化が確認できる“Truth”マップ
他の2マップに比べてやや重い“Regret”マップ
今回の計測で最も低い45fpsが検出されている
情報元:Eurogamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.