「Rainbow Six Siege」

先日、小規模なクローズドアルファが実施され、多数の配信やプレイ映像が登場したUbisoftの人気シリーズ最新作「Rainbow Six Siege」ですが、新たに本作に登場する特殊部隊(※ SASとスペツナズ、ドイツのGSG-9、FBI、仏GIGN)にフォーカスする映像シリーズ“Inside Rainbow”が開始され、第1弾の映像として“SAS”にスポットを当てた新トレーラー“The British Unit”が公開されました。

また、“British Unit”に所属する4人のキャラクター“Smoke”と“Mute”、“Thatcher”、“Sledge”のうち、強力なブリーチングハンマーを装備するSeamus Cowden(Sledge)に関するディテールやアートワーク、解説イメージも登場しています。

昨晩公開された“Inside Rainbow”の第1弾トレーラー“The British Unit”
「Rainbow Six Siege」
以下に紹介する“Sledge”のプロフィール情報と外観

■ SASに所属するオペレーターの1人“Sledge”ことSeamus Cowdenに関するディテール

  • 今後毎週新たなオペレーターの紹介が開始される。
  • “Sledge”ことSeamus Cowdenは、天性のリーダー的素質と強靱な肉体を誇るSASのオペレーターで、タクティカルなブリーチングハンマー“The Caber”を装備し、任務ではポイントマン的な役割を果たす。
  • ブリーチングハンマー“The Caber”は、破壊可能な壁や床、バリケードを素早く破壊するが、ブリーチング後は敵の砲火を浴びる可能性や破壊時に生じるノイズといったリスクを持つ。
  • “Sledge”の代表的なロードアウトとして、近距離戦を想定した攻撃的なブリーチャーとなる“Mossberg 591A1”と“MAC-11”、“Frag Grenades”に加え、より汎用的でクラシックなアプローチを可能にする“Enfield L85A2”の使用がバリエーションとして紹介されている。
  • ブリーチングハンマーの存在自体はCTUにとって目新しいものではないものの、“Sledge”のブリーチングハンマー“The Caber”はユニークガジェットとされている。これは、自由なロードアウトを作成可能なオペレーター“Recruit”が“The Caber”を使用出来ないことを指していると思われる。(参考:オペレーターに関する過去記事
「Rainbow Six Siege」
“The Caber”で壁を打ち抜くSledge
「Rainbow Six Siege」
ユニークガジェット扱いの“The Caber”
「Rainbow Six Siege」
“Sledge”のStatsとロードアウト
「Rainbow Six Siege」
以下“Sledge”のコンセプトアート
「Rainbow Six Siege」
「Rainbow Six Siege」
「Rainbow Six Siege」
3Dモデルの画像は原寸大のイメージにリンクしてあります
情報元及びイメージ:Rainbow Six Siege

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.