「Ancestors: The Humankind Odyssey」

初期“Assassin’s Creed”の成功を支えた立役者Patrice Desliets氏が大変な紆余曲折を経てようやくプロジェクトの始動にこぎつけた“Panache Digital Games”の新作「Ancestors: The Humankind Odyssey」ですが、新たにPatrice Desliets氏がKotakuのインタビューに応じ、作品のコンセプトや開発の状況、作品のボリューム、序盤の展開に関する具体的なディテールなど、来る新作の興味深い情報を明らかにしました。

参考:先日公開されたE3トレーラー、最後にミッシングリンクらしき存在が確認できる
  • “Ancestors: The Humankind Odyssey”については、人類の歴史とそのマイルストーンを有史以前から現代に至るまで描くことが知られているものの、未だ具体的なディテールはほぼ伏せられているが、Patrice Desliets氏は本作が“Civilizationの技術ツリーとAssassin’s Creed”が出会ったような作品だと説明している。
  • また、Patrice Desliets氏はプレイヤーが人類の歴史を追体験し、人類がどのように地球をコントロールし、またこれを破壊しようとしているか、大きな歴史の流れを目の当たりにするだけでなく、プレイヤーの選択が重要であることを強調している。
  • サバイバル要素の強い三人称視点の作品となる“Ancestors: The Humankind Odyssey”はエピソード形式の作品で、エピソード全体を通じて約25時間程度のボリュームを想定している。
  • トレーラーにも描かれたように、既に序盤のドラフトは出来上がっており、Patrice Desliets氏によると映像の最後に立ち上がったミッシングリンクらしき存在は“Orrorin Tugenensis”(オロリン:約600万年前の森林に生息していたとされる化石人類)とのこと。
  • オロリンが登場する序盤の展開において、アクションシーケンスの1つとして彼が立ち上がる瞬間、そしてそこから疾走し、眼前にオープンワールド世界が広がるような展開が描かれる。氏はこれと同様のアプローチで、人類による火の発見や動物の家畜化を描くと説明している。
  • 現在は開発の初期段階にあり、可能であれば来年のE3でプレイアブル出展を実現したいとのこと。
情報元及びイメージ:Kotaku, IGN

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.