「Mortal Kombat X 」

全部入りの“Mortal Kombat XL”と4人の追加キャラクターを同梱する“Kombat Pack 2”の3月1日ローンチがいよいよ目前に迫る「Mortal Kombat X」ですが、昨日新たに参戦を果たす“Bo’ Rai Cho”をお披露目する公式ライブ配信が実施され、多彩な炎と追加爆破可能な設置系の放屁を軸に戦う“Dragon Breath”や酔拳と吐瀉物を使いこなす“Drunken Master”、スティックで戦う手数の多い“Bartitsu”(バーティッツ)を含むバリエーション3種の興味深いプレイ映像が登場しました。

また、アメリカの大手テレビ局CWが2月15日のプライムタイムに放送した“Mortal Kombat X”Chasing the Cupトーナメントファイナルの視聴規模に関する興味深い情報が登場しています。

“Bo’ Rai Cho”のプレイスタイルが確認できる配信映像
Dynastyが公開したBo’ Rai ChoとTriborg(Smoke)の対戦映像

“Mortal Kombat X”トーナメント決勝戦の米TV放送が34万人を超える視聴規模を記録

MCVの報告によると、The CWが2月15日[月]ET午後8時から1時間に渡って放送した“Chasing the Cup”トーナメントのMortal Kombat Xシーズンファイナルが、約34万6,800人の視聴規模を記録し、昨年ESPNが放送した“Heroes of the Storm”のHeroes of the Dormトーナメント決勝の視聴規模を大きく超えたとのこと。

これは、18から49歳の視聴者を対象とする“Chasing the Cup”放送のNielsen格付けが0.3(※ いわゆる視聴率に近い指標で対象となる層の0.3%が放送を視聴したことを指す)を記録し、0.1ポイントだったHeroes of the Dorm決勝を大きく超えたもので、MCVは参考として同年齢層のグラミー賞授賞式が7.4ポイントだったことや、プライムタイムにおける最大の視聴規模が約850万に達することを挙げています。

ただし、e-SportsのTV放送と考えた場合、この記録は驚くべき数字であり、 “Chasing the Cup”シリーズを主催するMachinimaのボスDaniel Tibbets氏は、今回の結果を受けCWとの提携が今後も継続する可能性を示唆しています。

情報元:Destructoid, MCV

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその94
「4コマ:フゴッ?」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.