「Homefront: The Revolution」

5月17日の海外ローンチが迫る人気シリーズ最新作「Homefront: The Revolution」ですが、新たにトマス・ペインやケネディ大統領の引用を交えながらレジスタンスの戦いに身を投じる主人公Ethan Bradyの姿を描いた新トレーラー“Ignite”と、数枚の新スクリーンショットが公開されました。

また、昨晩本作のプレビューが海外で解禁され、最新作の開発を手掛けるDambuster Studios(旧Crytek UK/Free Radical Design)のルーツでもある“TimeSplitters”に関する興味深い情報が登場しています。今回は、最新の映像とイメージに続けて、最後に“TimeSplitters”関連の話題をご紹介しますが、軽度のネタバレを含む内容となっていますので閲覧には十分ご注意下さい。

新たに公開された“Ignite”トレーラー
様々なロケーションを収録したB-Rollフッテージ
「Homefront: The Revolution」
「Homefront: The Revolution」
「Homefront: The Revolution」
「Homefront: The Revolution」
「Homefront: The Revolution」

以下、“TimeSplitters”に関する“Homefront: The Revolution”のネタバレが含まれますのでご注意下さい。



































「Homefront: The Revolution」の本編に“TimeSplitters 2”のプレイアブルなレベルが登場

Eurogamerの報告によると、“Homefront: The Revolution”のイースターエッグとして、DambusterがFree Radical時代に生んだ人気シューター“TimeSplitters 2”のプレイアブルなレベルが2つ実装されているとのこと。

これは、ゲーム内のとある刑務所エリアに存在するアーケードゲーム筐体に、“TimeSplitters 2”キャンペーンの冒頭に描かれた“Siberia”と“Chicago”レベルの2つがプレイアブルな状態で実装されているもので、Eurogamerがこれを実際にプレイしたと報告しています。

なお、“TimeSplitters”IPの現状に関する詳細は不明ながら、EurogamerはIPがCrytekからDeep Silverへと移ったわけではないようだと説明しており、どういった状態で“TimeSplitters 2”レベルが実装されているのか、来る発売が待ち遠しいところです。

参考:“TimeSplitters 2”のシベリアレベル
情報元及びイメージ:All Games Delta, Eurogamer

注目タイトルPICKUP

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.