「Titanfall 2」

本日、ウォールランの実装を思わせる新型Titanのイメージやマクアランの登場、怪しげなシリアルナンバーに関する話題をご紹介した「Titanfall 2」ですが、新たに今年3月まで2年7ヶ月に渡って“Titanfall 2”の開発に参加したシニアプログラマGlenn Fiedler氏のLinkedin情報から、パイロットやマルチプレイヤーのネットワーク周りに関するディテールが浮上し注目を集めています。

初代Titanfallローンチとローンチ後の帯域やCPUの最適化を通じて、ロビーの待ち時間短縮に貢献したGlenn Fiedler氏は、約1年半に渡って“Titanfall 2”の開発に参加し、Dedicatedサーバのコストと使用帯域の削減、マルチプレイヤーパフォーマンスの最適化に取り組み、サーバサイドのネットワークシステムを書き直したほか、製品版に導入されるであろうトップシークレットなパイロット用新アビリティのプロトタイプ開発を支援したとのこと。

また、Glenn Fiedler氏はRespawnが才能に満ちあふれた極めて優秀なチームだと述べ、“Titanfall 2”のマルチプレイヤーが信じられないほど素晴らしい経験になるだろうと強調しています。

余談ながら、Glenn Fiedler氏はIrrational GamesやTeam Bondi、Pandemic Studios、SCEで数々のAAA開発に参加し、ネットワークやシステム周りを専門に手掛けたベテラン開発者で、今年3月のRespawn退社を経て、ビデオゲームのネットワークプロトコルを専門に扱う新スタジオ“The Network Protocol Company, Inc.”を設立していました。

「Titanfall 2」
情報元:VideoGamer, LinkedIn

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.