「Karl Magnus Troedsson」

2001年以降、DICEのフロントマンとして“Battlefield”シリーズの成功に貢献し、2010年から3年半に渡ってスタジオのCEOを務めたのち、近年はEAのVPとして数々のAAA開発を率いていたKarl Magnus Troedsson氏が新たにEAを退社し、KingdomやKathy Rainといった作品を販売するスウェーデンの小規模なインディーパブリッシャー“Raw Fury”に参加したことが明らかになりました。

これは、“Raw Fury”が5人目のスタッフを迎え入れたと公式Blogで報告し(※ 4人のうち1人は、なんとBFBC2とBF3のリードデザイナーを務めたお馴染みGordon Van Dyke氏、昨年4月にParadoxを退社し一足先にRaw Fury入りしていた)、さらにKarl Magnus Troedsson氏がVentureBeatのインタビューに応じ明らかになったもので、15年を共に過ごしたDICEとEAが2番目の家族だったと語った氏は、退社が容易に決められるものではなかったと振り返り、それでもなお小規模なゲームに対する情熱を抑えることが出来なかったことを伝えています。

なお、Gordon Van Dyke氏は共同オーナー兼パートナーとしてRaw Furyに参加し、よりクリエイティブで騒々しい小規模なデベロッパの支援に注力するとのこと。

既に非常にシンプルなストラテジーと優れたピクセルアートを特色とする“Kingdom”やClifftop Gamesのクラシックなアドベンチャーゲーム“Kathy Rain”といった作品の販売を手掛け、今年の夏にはArt in Heartの注目作“GoNNER”の発売を予定しているRaw Furyですが、かつてDICEを率いた要人2人を擁するパブリッシャーがこれからどんな取り組みを進めるのか、Karl Magnus Troedsson氏の新たな活躍に大きな注目が集まるところです。

参考:今年3月中旬にアナウンスされた新作“GoNNER”、今夏発売予定
情報元及びイメージ:Game Informer, VentureBeat, Raw Fury Games

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.