「Prey」

今年6月の“Bethesda E3 Showcase 2016”プレスカンファレンスにて正式発表が行われ、噂通りArkane Studiosのオースティンスタジオが開発を進めていることが判明したArkaneの新生「Prey」ですが、新たに本作の開発を率いるスタジオのボスRaphael Colantonio氏が続編でもリメイクでもない完全新作となるArkane版“Prey”のディテールについて語る映像が公開され、改めて最新作が(キャンセルとなったHuman Head版やRadar Group版を含め)前作と直接的な関係を持たない全く新しい作品であることを強調しました。

また、謎に満ちた新生“Prey”について、幾つか興味深いディテールを明らかにしています。

Raphael Colantonio社長が語る新生“Prey”の概要
参考:6月に公開された新生“Prey”のアナウンストレーラー
  • 再掲:Arkane版“Prey”は、2032年の未来を舞台とするIPの再創造に近い完全新作で、人類の進歩を目的に生まれた被験体“Morgan Yu”を主人公に、宇宙ステーションの謎と秘密を巡る探索系のサイコロジカルスリラーとなることが報じられていた。また、Chris Avellone氏の参加も報じられている。
  • Raphael Colantonio氏は、Arkaneの“Prey”が続編やリメイクではなく、オリジナルとの繋がりもないと説明。オリジナルのアイデアを改めて創造するような作品だと説明している。
  • また、本作のジャンルに言及した氏は、来る最新作がホラーではなく、サイコロジカルスリラー的なアイデンティティをめぐるテーマを多く扱うことを明らかにしている。
  • 氏はさらに、“Prey”が単なるシューターでもないことを挙げており、ナラティブとアクション、僅かなRPG層を組み合わせたハイブリッドゲームに近いと説明している。
  • ただし、戦闘は存在し、エイリアンから学んだ能力や幾つかの一般的な武器やガジェットの存在が挙げられている。
  • Raphael Colantonio氏は、作品の具体的なディテールを提示する代わりに、来る新作がいわゆるArkaneタイトルであることを強調しており、Arx FatalisやDark Messiah of Might and Magic、Dishonored的なアプローチを特色とすることを示唆している。
  • なお、氏によると本作の主人公“Morgan”には性別の選択が用意され、女性主人公でもプレイ可能となる予定とのこと。

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその94
「4コマ:フゴッ?」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.