「ゲーム開発者」

本日、海外最大手の求人情報サービス“Indeed”が、アメリカにおけるビデオゲーム開発者の求人規模に関する調査結果を発表し2014年まで順調に推移していたゲーム開発者の求人希望が同年のピーク時から現在に至るまで、65%もの大幅な減少を記録していることが明らかになりました。

一方でゲーム開発者の求職は例年50%ずつ増加しており、ビデオゲーム産業における雇用形態や分野別のドラスティックな変化に関する興味深い動向、最も求人数の多いゲーミング企業のランキング、都市別の求人規模ランキングがまとめられています。

  • 全体として、アメリカ市場におけるビデオゲーム開発者とゲームデザイナーの求人ポストは2014年のピーク時から65%の減少を記録。一方、ゲーム開発者の求職規模は例年50%増を記録している。
  • 米ビデオゲーム産業において求職者が目に見えて増えているものの、スマートフォンやVRといった新技術の台頭に伴い、ビデオゲームの開発手法が変化しており、ゲーム産業労働者市場に大きな変化をもたらしている。
  • 2000年代以降のビデオゲーム産業において主流だった大手パブリッシャー(の資金/開発費提供に基づく)によるAAAや高品質な作品の需要、注目作におけるベテラン開発者の重要性等に伴い、入門レベルのゲームデザイナーに適した職が先細りとなっている。
  • こういった背景から、多くの開発者がインディーゲームや小規模なモバイルゲームに取り組む状況となっている。
  • 2014年以来、ARとVRの専門知識を備えたポジションに対する求人と求職者の数はいずれも劇的な成長を果たしている。
    • AR/VRの求人希望は400%増を記録。
    • AR/VRの求職者は1,500%を超える成長を果たしている。
  • eSports分野は、ESPNやTBSといったメジャー放送網によるライブ放送を含め、文化的な転換点に到達。eSports関連の雇用は2015年以来40%増の成長を続けている。

■ 最も求人数が多いゲーミング企業ランキング

  1. Electronic Arts
  2. Blizzard Entertainment
  3. Activision
  4. Epic Games
  5. 2K Games
  6. Zynga
  7. Bungie
  8. Nexon America
  9. Ubisoft
  10. Nintendo of America

■ 大都市圏におけるゲーム開発者の求人規模ランキング

  1. CA:サンフランシスコ – オークランド – ヘイワード
  2. WA:シアトル – タコマ – ベルビュー
  3. CA:ロサンゼルス – ロングビーチ – アナハイム
  4. NY/NJ/PA:ニューヨーク – ニューアーク – ジャージーシティ
  5. CA:サンノゼ – サニーベール – サンタ・クララ
  6. TX:オースティン – ラウンドロック
  7. NV:リノ
  8. MA/NH:ボストン – ケンブリッジ – ニュートン
  9. CA:サンディエゴ – カールスバッド
  10. NV:ラスベガス – ヘンダーソン – パラダイス
「ゲーム開発者」
「ゲーム開発者」
情報元及びイメージ:VentureBeat, Indeed Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその107
「バカだと思われてるのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.