「Beautiful Desolation」

1月25日に12万ドルの調達を目指すKickstarterキャンペーンを始動したBrotherhood Gamesの注目作「Beautiful Desolation」ですが、今月15日に無事12万ドルの初期ゴールをクリアし、新たに第1弾のストレッチゴールがアナウンスされました。

13万5,000ドルのストレッチゴール“The World Codex”は、新しい動物や植物、種族、勢力、食べ物、ペンローズ出現以降の歴史など、ゲーム世界のLoreを拡張する新要素で、Mark Leslie博士のフィールドノートとして実装されるとのこと。

ストレッチゴール“The World Codex”の予告映像

“Beautiful Desolation”のKickstarterキャンペーンは、現在12万8,000ドル調達を超えているものの、残りおよそ38時間で終了を迎える状況となっており、13万5,000ドルのゴール達成に期待が掛かる状況となっています。

参考:“Beautiful Desolation”のKickstarterキャンペーン映像

“Beautiful Desolation”は、StasisやCayneの開発を手掛け、inXileの“Wasteland 3”開発にも参加する南アフリカのデベロッパBrotherhood Gamesのポイント&クリック型アドベンチャー作品で、80年代のレトロな技術をモチーフとするアートスタイルやフォトグラメトリーを用いて再現したリアルな南アフリカの景観に加え、以下のようなディテールが報じられていました。

■ “Beautiful Desolation”の概要

  • パズルの解決や手掛かりの発見、アイテムの組み合わせと使用といったクラシックなゲームプレイを特色とするポイント&クリック型アドベンチャー
  • 80年代のレトロな技術をモチーフとする世界観
  • 崩壊後の未来で繰り広げられるストーリー
  • 詳細にレンダリングされた環境を備えた2Dアイソメトリックビュー
  • フォトグラメトリーを用いて再現されたアフリカの景観
  • ミニチュアとスケールモデルの広範囲な利用
  • 本作固有のトライバルパンクなアートスタイル
  • 奇妙なクリーチャーや動物達

■ ペンローズ三角形の巨大構造物について

  • 1980年に何の前触れもなくペンローズの不可能立体に酷似した超巨大なモノリスが空中に出現。当時の政府がこの構造体に関する権利を主張し、その起源と目的を探る調査チームを結成した。
  • ペンローズ構造体のリバースエンジニアリングにより、既存の物理学や物質、コンピューティングが飛躍的な進歩を遂げ、人類は喜びに満ちたもう一つの歴史を歩んだが、その後荒廃が訪れる。
情報元及びイメージ:Kickstarter, Kickstarter, Kickstarter

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその107
「バカだと思われてるのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.