「Halo: Reach」の開発はプレイテストに突入、大量のロボットボイスを作成中

2010年3月2日 11:24 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Halo: Reach」 ヘイロー リーチ

スタジオの動向やHaloフランチャイズとの絡みなど様々な側面からその一挙手一投足に注目が集まるBungieですが、公式blogでは順調に開発が進められている様子が報告されています。すでに先日2月28日には一回目のキャンペーン全編を通したプレイテストが行われた様子で、並行してミッション用ダイアログの音声ファイルの作成が進められている事が明らかにされています。

ダイアログの音声はなんとロボットボイスで自動生成しているそうで、その数はすでに数千に達しているとの事。同時にアクターによるパートも進められているようで、2週間程これらの録音作業にてんてこ舞いの様子です。さらにプレイテストの内容についても記されており、ステージ上のAIはまだまだ馬鹿げた行動を取っており、環境の構築もまだ完全ではないとの事。プレイテストに入ったもののこれからが本番と言った状況でしょうか。

併せて本日はX-10イベントで明らかになった新エンジンのレンダリングに関する素材をご紹介しておきます。ゲームに登場する人間兵士の頭部モデルを素材に、各種マップの適用具合が確認できる画像になっています。頭部だけで1300ポリゴン程度のオブジェクトになっており、これにノーマルとアンビエントオクルージョン、そしてディフューズマップの3種が適用された様子が確認できます。

「Halo: Reach」 ヘイロー リーチ
インゲームに登場する人間兵士の出来上がりイメージ
「Halo: Reach」 ヘイロー リーチ
ノーマルマップとAOマップを適用させた物、細かなディティールが確認できる
「Halo: Reach」 ヘイロー リーチ
ZBrushのハイレゾモデル、上イメージのノーマルとAO適用だけで再現度がかなり高い事が判る
情報元:The Lost Gamer, イメージ:VIDEOGAMESZONE

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.