Wolfenstein II: The New Colossus

Kinectは座ったプレイヤーを認識可能「座る事を念頭において開発された」マイクロソフトが報告

2010年7月8日 12:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kinect」 キネクト

先ほどUbisoftの新作RTS”R.U.S.E.”が立ってプレイしなくてはならない事を理由にKinectへの対応を行わないと発言した事をお伝えしましたが、これまでも国内外で噂として懸念されていたこの問題について、マイクロソフトがJoystiqにKinectは座ったプレイヤーを認識出来ると明言しました。

マイクロソフトはKinectが座った状態のプレイヤーが操作する事を念頭に置いて開発が進められたと述べ、E3で明らかになったトレイラーにも登場した新ダッシュボードでのESPNやZune、映像のコントロールなどを例に、これらがユーザーが座った状態を想定し開発されたアプリケーションである事を強調しています。

さらにマイクロソフトはE3で示したタイトルが”氷山の一角”だとし、それらがプレイヤーを自然にソファーから立たせ、ダンスやランニングなどを行う事を目的にしていると明かしています。

これで一応公式のアナウンスとして座った状態でプレイできる事が明言された訳ですが、先ほどのR.U.S.E.の件とは真逆の内容である事は事実です。この問題は今後のコアゲームの登場にも大きく影響を与える要素だと思われますので、実際のプレイ映像やデモンストレーションなどが登場する事に期待といった所でしょうか。

情報元:Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.