9/24ニューストピックス:「Starhawk」のEG Expo直撮り映像や、“CCP”による次世代ゲーム技術の研究開発など(更新終了)

2011年9月24日 19:10 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Aliens RPG」 エイリアン
Obsidianが開発を進めていた「Aliens RPG」のコンセプトアート

現在ロンドンで開催中のEurogamer Expoから様々な新情報が報じられていますが、本日のニューストピックスはEG Expo会場にて撮影された「Starhawk」の新しい直撮り映像や、「Goldeneye 007: Reloaded」の8分に渡るゲームプレイ映像、「Star Wars: The Old Republic」のローンチに対するBioWareの意気込み、EpicのテクノロジーグルTim Sweeney氏によるモバイルゲームビジネスへの見解など、多くのニュースをまとめてお知らせします。

Just A Gameがアーケードスタイルの新作レース「Ignite」をPC向けに発表、Steamでのリリースは9月末

「」
「」
情報元:Worthplaying

“Darkness”とは何か?コミックのアートワークも用いた「The Darkness II」の新たな解説トレーラーが公開

10月4日にリリースされるコンソール版「Crysis」のプレイ映像が登場、価格は19.99ドル/1600MSP

コンソール版「Counter-Strike: Global Offensive」のベータテストは無し、Valveが明言

本日ValveのChet Faliszek氏がシリーズ最新作「Counter-Strike: Global Offensive」のベータテストがコンソールでは行われないことを明らかにしました。理由について語った氏は、Valveが本作において必要としているのは宣伝用のデモでは無く、フィードバックを得る為のベータだと説明しています。

また、Faliszek氏によるとPC版のベータはより長く開催され、コンソール版のプレイはゲームイベントやショーなどで可能になるだろうとのこと。

情報元:Strategy Informer

10月リリース予定の「Deus Ex: Human Revolution」“Missing Link”DLCの開発者コメンタリ入り解説映像が公開

11月1日にリリースされる「Goldeneye 007: Reloaded」の8分に渡るステルスゲームプレイ映像が公開

LightBox Interactiveが開発を進めている新作シューター「Starhawk」のEurogamer Expo直撮り映像2本

かつてObsidianが開発を進めていたSEGAのエイリアンタイトル「Aliens RPG」のコンセプトアートが登場

「Aliens RPG」
「Aliens RPG」

エイリアン3部作(Rebellionの”Aliens vs Predator”、Obsidianの“Aliens RPG”、Gearboxの“Aliens: Colonial Marines”)の一角としてObsidianが開発を進めていたものの、完成に近い状態でキャンセルとなった“Aliens RPG”のコンセプトアートがアーティストCharles Lee氏のWebサイトで公開されました。

残りのイメージはCVGにてご確認下さい。

BioWare:MMO大作「Star Wars: The Old Republic」のローンチはオンラインの歴史に残るものにしなければならない

本日公開された新しい開発映像、コンパニオンにフォーカス

BioWareが巨額の予算を掛けて開発を進めているスターウォーズテーマのMMO超大作「Star Wars: The Old Republic」のローンチスケジュール発表がそろそろ行われるかと予想されていますが、本日Gamasutraが行ったインタビューに本作のプロジェクトリーダーを務めるJames Ohlen氏が登場し、現在BioWareが本作のローンチを史上最も巨大なオンラインローンチにするべく準備を進めていると明かしました。

また、気になる開発の進捗にも触れており、現在はゲームのコアデザインを終えバランス調整に専念していると発言、ブラッシュアップのフェーズに突入していることを強調しています。

情報元:VG247

Creat StudiosがPS3用のピンボールタイトル「Pinballistik」を発表

Zen PinballやPinball FXが大きなシェアを誇るピンボールジャンルですが、本日新たにCreat StudiosがPS3向けのダウンロードタイトル「Pinballistik」を発表、AIや友人との対決が楽しめる新しいゲーム性を盛り込んだ意欲作となっています。なお、現在のところリリーススケジュールは明らかにされていません。

情報元:Shacknews

「PlayStation Home」上で楽しめる基本無料プレイのFPSタイトル「Bootleggers」が今秋リリース

「PlayStation Home」

先月大きな改装が行われた「PlayStation Home」にて今年の秋から基本無料プレイのFPSタイトル「Bootleggers」がリリースされることが明らかになりました。Bootleggersはオーソドックスなシューター作品で、Homeからダイレクトにマッチメイキングロビーに突入可能とのこと。

情報元:CVG

PS3版「Castlevania: Harmony of Despair」が9月27日リリース

Xbox Liveでは7月に1200MSPでリリースされていた「Castlevania: Harmony of Despair」のPS3版が9月27日にリリースされることが明らかになりました。また、Xbox 360版でリリースされていたDLC“Beauty, Desire, Situation Dire”マップパックやキャラクターなどがPSNリリースの一部に含まれていることが明らかになっています。なお価格はまだ発表されていません。

情報元:Shacknews

モバイルゲームで成功する為に安く売る必要は無い、Epicが明言

iOS向けのハイクオリティなゲームタイトルとして注目を集めた“Infinity Blade”が1000万ドル以上の売り上げを記録し大きな成功を収めたEpicですが、Epicの技術を牽引するTim Sweeney氏がInfinity Bladeの成功に触れ、本作の成功がiPhoneユーザーが最先端の技術を備えたハイエンドなゲームに貪欲であることを証明したと発言、プレミアムなクオリティのアプリケーションがより多くを売る事が出来ると安価での販売戦略がしばしば見られるモバイル市場でのビジネスに対する見解を明らかにしました。

なお、Infinity Bladeを手掛けたChair Entertainmentは現在新しいiOSタイトルの開発に従事していると噂されています。

情報元:VG247

「Eve Online」と「Dust 514」の開発を手掛けるCCPが次世代コンソール向けの技術を研究中

MMOタイトルとして不動の地位を築いた「Eve Online」と前代未聞の先鋭的なゲーム性を盛り込んだシュータータイトル「Dust 514」の開発を手掛けているCCPですが、これらの開発と並行して以前から進められている先進的なPC技術と同様に次世代コンソールを想定した技術の研究開発を進めていることがCCPの事業開発を務めるThor Gunnarsson氏の発言から明らかになりました。

氏によるとCCPは多くの内部技術と共に様々なミドルウェア、そしてゲームエンジンに対する取り組みを進めているとのこと。

情報元:CVG

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその123
「4コマ:拾ってすぐ捨てる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.