PC版「The Elder Scrolls V: Skyrim」はSteamのCEG機能に対応せず、今作もスクリプト拡張など様々な魔改造に期待

2011年10月8日 11:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」

リリースまで約1ヶ月と近づくTESシリーズ最新作「The Elder Scrolls V: Skyrim」ですが、今作の大きな特徴の1つにPC版のユーザーMODによる様々な拡張や改善が挙げられます。今作から新たに採用されたBethesdaの内製エンジンCreation Engineはこれまで通りMODツールのリリースが予定されており、どのような改善が用意されているか世界中のMOD職人達が仕様の詳細に注目しています。

まだMODツールの詳細にはほとんど触れられていないThe Elder Scrolls V: Skyrimですが、少々心配な要素としてSteamworks対応によるCEG機能(※ メモリ周りやファイル同一性のチェックを基にハックなどを防ぐ機能)が自由なMOD開発を妨げはしないかという懸念が挙げられていました。

そんな中、Pete Hines氏がPC版のMOD対応について言及、The Elder Scrolls V: SkyrimがSteamのCEG機能を利用しないことを明かし、MOD開発者にフレンドリな状態にあることを強調しました。

氏の発言により、新エンジンでもスクリプト拡張といったシステムの深い部分に変更を加える拡張MODなどがより誕生しやすい状況にあることが判明したと言え、ローンチ後の盛り上がりと様々な魔改造にますます期待が高まるところです。

情報元:gameranx

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.