「The Last of Us」の美しいコンセプトアートが登場、キービジュアルには映画“I Am Legend”の影響も

2011年12月14日 12:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Last of Us」 ザ ラスト オブ アス
生い茂る植物に覆われた崩壊後のアメリカ

情報流出を見事に押さえ込み、先日開催されたVGAにて大きなサプライズと共にお披露目が行われたNaughty Dogの新作「The Last of Us」ですが、その見事な演出と表現、深い物語性を示唆するテーマに世界中の注目が日を追う毎に高まっている様子が各方面から感じられます。

本日、そんなThe Last of Usの美しい2枚のコンセプトアートが登場、これまでのポスト・アポカリプスとは少し毛色の違うビジュアルが確認できます。

今回はこの新しいコンセプトアートと共に、キービジュアルに影響を与えたと思われる映画“I Am Legend”のシーンと比較した興味深いイメージを併せてご紹介します。

「The Last of Us」
コンセプトアート:生命の息吹には溢れるが人間の気配は感じられない

既に幾つか登場しているインタビューなどからはコーマック・マッカーシーの代表作となった小説“ザ・ロード”へのインスパイアなどが明言されているThe Last of Usですが、海外メディアではビジュアル面に映画“I Am Legend”の影響が見られるとの指摘が多く行われており、世界背景の関連にも注目が集まっています。

「The Last of Us」
ロゴデザインとレイアウトに確かな類似点が見られる

なお、リチャード・マシスンの小説“地球最後の男”を映画化した“I Am Legend”も“The Last of Us”と同様にポスト・アポカリプス後の世界を生き残る男の物語でしたが、その仕上がりについては残念ながら過去の映画化に遠く及ばず、エンディングの大胆な変更などマシスンが描いたテーマをぶち壊す結果となりました。

この類似点の発見から一部の海外メディアでは“The Last of Us”と“I Am Legend”を並べて語る状況も登場していますが、Naughty Dogは本作で描く要素の1つに“人間性の条件”を挙げており、前述したコーマックの影響も鑑みれば“I Am Legend”と同じ轍を踏んでしまうとは考えられません。マシスンの作品やザ・ロードなど、偉大な先達がポスト・アポカリプス物の皮を被る事で描いた本質的なテーマをNaughty Dogがどう料理するのか、今後の続報と仕上がりに期待!といったところでしょうか。

「The Last of Us」
The Last of Usのトレーラーに描かれた崩壊後の都市
「The Last of Us」
映画“I Am Legend”のワンシーン
情報元及びイメージ:GamingSquid, Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.