Thechineseroomのインディータイトル「Dear Esther」の初週販売が5万本を突破

2012年2月27日 18:38 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

2007年にイギリスのポーツマス大学に在籍した学生達のMODチームが基盤となっているイギリスのインディーデベロッパThechineseroomの新作「Dear Esther」がローンチから僅か6時間程度で開発費を回収したと内外で話題となりましたが、本日本作の初週販売が早くも5万本を超えていることが明らかになりました。

物語にフォーカスした実験的かつ前衛的とも言えるDear Estherの驚くべき成功に、ThechineseroomのDan Pinchbeck氏は期待値を遥かに超えた成功を収めたと喜びのコメントを明らかにしています。(※ 来るIGFでは3部門にノミネート)

なお、Thechineseroomは先日Frictional Gamesが発表したシリーズ新作“Amnesia: A Machine”への開発協力も報じられており、今後大きな注目を集めるインディースタジオとなりそうです。

情報元:Gamasutra

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその124
「4コマ:千里眼」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.