遂にポイント制クラスカスタマイズが実装!複数チーム対戦も実現した「Black Ops 2」の気になる新情報まとめ

2012年8月8日 12:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops 2」

昨晩、待望のマルチプレイヤートレーラーが公開された「Call of Duty: Black Ops 2」ですが、2分弱のゲームプレイ映像は個性豊かなクラスカスタマイズや複数チームによる対戦、多数のkillstreak、大量の近未来武器/ガジェットなどなど、新情報がみっちりと詰め込まれた非常に情報量の多いものでした。

という事で、一先ず“Black Ops 2”マルチプレイヤーの核となるであろうポイント制のクラスカスタマイズにより作成された8種のプレイヤークラスをベースに、トレーラーの気になるシーンや現段階で判明している情報をまとめてご紹介します。

再掲:昨晩公開されたCall of Duty: Black Ops 2のマルチプレイヤートレーラー

新たに採用されたポイント制クラスカスタマイズの概要

「Call of Duty: Black Ops 2」
参考:トレーラーに登場した“Runz4FunzNGunz”と名付けられたプレイヤークラス

公式からの正式な発表は行われていませんが、昨晩公開された新トレーラーは“Black Ops 2”がポイント制のクラスカスタマイズを採用していることがはっきりと示しており、映像はこの新システムにより作成された8タイプの個性的なビルド紹介を軸に展開する構成となっていました。

8種の具体的なクラスの詳細については以下に紹介を続けますが、一先ずクラスカスタマイズの概要を理解するために“Runz4FunzNGunz”と名付けられたカスタマイズを例にその構成を確認してみます。(※ クラス名はプレイヤーが各自設定可能だと思われる)

「Call of Duty: Black Ops 2」

“Black Ops 2”のクラスカスタマイズの大枠はイメージに見られる5種のカテゴリと、イメージに含まれていない“killstreak”3種の選択により成り立っていることが窺えます。

イメージにはこれまでのシリーズプレイヤーにはお馴染みのプライマリ/セカンダリ武器とPerk、リーサル/タクティカル装備品枠が並んでいますが、最下部に確認できる3枠のスロットについては、Proficienciesや前述の枠に当てはまらない装備品などが適用されるとの予想が有力視されていますが、今の所はっきりした詳細は明らかになっていません。

また、イメージ(及び他のサンプルクラス)からはポイント制のクラスカスタマイズが10ポイントの割り振りにより構成されていることが判明。それぞれに用意された計20枠の内、10枠の内容をプレイヤー自身が自由に選択することで標準的なクラスから、エクストリームな特化クラスまで様々なビルドが作成可能となっています。

■ カスタマイズ用スロットの詳細

  • プライマリ武器:1枠
  • プライマリ武器用アタッチメント:3枠
  • セカンダリ武器:1枠
  • セカンダリ武器用アタッチメント:2枠
  • Perk:上段2枠“Perk 1”カテゴリ、中段2枠“Perk 2”カテゴリ、下段2枠“Perk 3”カテゴリ、計6枠
  • リーサル/タクティカル装備:2枠/2種、計4枠
  • 謎の新スロット:3枠
  • 合計20枠

以下、新トレーラーに登場した個性的な8クラスを順にご紹介します。

サージ電流を発生させるデバイスを装備した“I am Electro”

「Call of Duty: Black Ops 2」

最初に登場した“I am Electro”はサージ電流を発生させる投擲可能なデバイスを特色にしたビルドで、セカンダリとプライマリ武器に加え、3種のPerkと2種のリーサル/タクティカルを装備するスタンダードな構成となっています。

「Call of Duty: Black Ops 2」
ビルド構成の詳細、下の3枠を捨て、スタンダードな構成を選択している
「Call of Duty: Black Ops 2」
サージ電流を放っていると思われる新デバイス
「Call of Duty: Black Ops 2」
デバイスにより怯んでいる敵兵士
「Call of Duty: Black Ops 2」
キルにより“Revenge”を獲得

透視ビジョンにフォーカスした“8Bit Wall Banger”

「Call of Duty: Black Ops 2」

“8Bit Wall Banger”は壁/コンテナや煙の透視が可能な光学アタッチメントを選択したビルドで、Perk 3カテゴリから2つのPerkを取得、Perk1は捨て、謎の新枠に1種を割り当てています。また、映像ではこのプレイヤーがドルフィンダイブを行う様子が収録されており、Perkとの絡みなどが気になるところ。

「Call of Duty: Black Ops 2」
“8Bit Wall Banger”のビルド構成
「Call of Duty: Black Ops 2」
Black Ops 2では射撃モードの変更が可能になった模様(※ 登場銃器の詳細と新要素は改めて記事化します)
「Call of Duty: Black Ops 2」
煙の中、敵の姿が透けて見える
「Call of Duty: Black Ops 2」
ドルフィンダイブ中のプレイヤー

指向性エネルギー兵器であるADSタレットを携行する“Runz4FunzNGunz”

「Call of Duty: Black Ops 2」

“Runz4FunzNGunz”は、ミリ波の電磁波を人間に向けて照射する実験段階の非殺傷兵器Active Denial System(ADS、いわゆる指向性の電子レンジ兵器)を小型実用化した携行型タレットを装備したビルドで、タレットの効果により怯んだ敵をキルし、“Guardian Suppressor”ボーナスを得ている。

「Call of Duty: Black Ops 2」
“Runz4FunzNGunz”のビルド構成、比較的スタンダードな内容
「Call of Duty: Black Ops 2」
“Bloodthirsty”を獲得
「Call of Duty: Black Ops 2」
小型実用化されたADSタレット
「Call of Duty: Black Ops 2」
ADSタレットのサポート効果により“Guardian Suppressor”ボーナスを獲得している

対ドローン用にセットアップされた“Flyswatter”(※ 蠅叩き)

「Call of Duty: Black Ops 2」

蠅叩きの名が示す通り、“Flyswatter”は対ドローン戦を想定したビルドで、熱追尾を行っていると思われるロケットランチャーを装備している。また、これまで何度も登場したドローン“クアドローター”は“Dragonfire”と呼ばれており、プレイヤーにより無力化される様子が確認できる。

「Call of Duty: Black Ops 2」
“Flyswatter”のビルド構成、セカンダリに“FHJ-18 AA”ランチャーが割り当てられている
「Call of Duty: Black Ops 2」
Dragonfireと呼ばれたクアドローター
「Call of Duty: Black Ops 2」
Dragonfireの無効化により“Flyswatter”を獲得
「Call of Duty: Black Ops 2」
Dragonfireを操作する様子
「Call of Duty: Black Ops 2」
“Red Baron”を獲得
「Call of Duty: Black Ops 2」
熱追尾を行うロケットランチャー“FHJ-18 AA”

A.G.R.ドローンを活用する“Dollarsand Centurions”

「Call of Duty: Black Ops 2」

ここでは“Dollarsand Centurions”と名付けられたビルドを使用するプレイヤーが、彼と同様にシールドを装備した2人の仲間と協力しながら小隊的な動きで敵の無力化を図っている。ここで装備しているライオットシールドは地面に設置可能で、射撃時にはシールド上部が下がり両手を自由に使うことが出来る模様。

「Call of Duty: Black Ops 2」
セカンダリにシールド、リーサルにトマホークが確認できる、下2枠の詳細も気になるところ
「Call of Duty: Black Ops 2」
アバカン(フルオート!)にアタッチされた光学サイトの効果によるマーカー表示か?
「Call of Duty: Black Ops 2」
新シールド、射撃時には上の透明部分が下がる
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
上部のシールドが下がったシールドに隠れ射撃を行う仲間プレイヤー
「Call of Duty: Black Ops 2」
A.G.R.ドローンが搭載されたケアパッケージを運ぶ無人ヘリ
「Call of Duty: Black Ops 2」
A.G.R.ドローンが登場
「Call of Duty: Black Ops 2」
A.G.R.ドローンは使用途中に利用を中止することが出来る模様

ナイフに特化したエクストリームビルド“Mostly Use Me Blade”

「Call of Duty: Black Ops 2」

“Mostly Use Me Blade”はプライマリ武器とリーサル/タクティカル品を完全に捨て、代わりに6種のPerkと新枠3種を取得することでナイフに特化したエクストリームなビルドとなっている。映像にはトマホークを投げるシーンが確認できるが、ビルドのリーサル/タクティカル枠にトマホークが存在しないあたりが下3枠との関連を思わせ興味深いところ。 Update:トマホークがビルドに含まれていないと記載しましたが、トマホークを投げたのは“Mostly Use Me Blade”本人では無く、敵チームのプレイヤーでした。ご指摘頂いた読者の方ありがとうございました!

「Call of Duty: Black Ops 2」
“Mostly Use Me Blade”のビルド構成、Black Ops 2ではここまで極端な特化が可能になる
「Call of Duty: Black Ops 2」
セカンダリに選択したルボルバー“Raging Judge”
「Call of Duty: Black Ops 2」
リボルバーからナイフに“装備を変更”したことが確認できる、操作体系に大幅な変更があるのか?
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
トマホークも再登場

2種のプライマリ武器を装備した“tOOb Monay”

「Call of Duty: Black Ops 2」

“tOOb Monay”は2種のスナイパーライフルらしきプライマリ武器を装備した特化型ビルドで、高性能なスコープを備えた“DSR 50”と、ボルトアクションの“Ballista”をアイアンサイトで使用している。

「Call of Duty: Black Ops 2」
プライマリ2本持ち特化のビルド構成
「Call of Duty: Black Ops 2」
DSR 50のスコープ
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
ボルトアクションの“Ballista”、スコープを装着せずアイアンサイトで使用

レーザーサイト付のショットガンを装備した“Shotgun Sark”

「Call of Duty: Black Ops 2」

“Shotgun Sark”は“M1216”ショットガンにレーザーサイトを装着し使用するビルドで、映像の冒頭には謎のガジェットを使用するシーンや、毒ガスを放出するC4の利用も確認できる。

「Call of Duty: Black Ops 2」
“Shotgun Sark”のビルド構成
「Call of Duty: Black Ops 2」
謎ガジェットにバッテリー?らしき何かを装填するプレイヤー、Treyarchのマークが確認できる
「Call of Duty: Black Ops 2」
ガジェットの効果は今の所不明
「Call of Duty: Black Ops 2」
レーザーサイトを装備したショットガン、実際の使用感が気になる
「Call of Duty: Black Ops 2」
毒ガスC4を放り投げるプレイヤー
「Call of Duty: Black Ops 2」
起爆!

新ドローンやマップ、新マルチプレイヤーモードなど

「Call of Duty: Black Ops 2」
大量に宙を舞う自爆特攻型ドローン
「Call of Duty: Black Ops 2」
標的となったプレイヤーに向け降下し始めるドローン
「Call of Duty: Black Ops 2」
プレイヤーが装備しているスーツの胸部分に所属チームのマークが確認できる
「Call of Duty: Black Ops 2」
トレーラーの最後に登場した3チームによるチームデスマッチ
「Call of Duty: Black Ops 2」
シンガポールの港を舞台にしたマップの概要
「Call of Duty: Black Ops 2」
初登場の新マップ、名称は“Turbine”と思われる

なお、今回のトレーラーに登場が確認された大量の銃器や装備品、killstreakについては改めて別記事でまとめてご紹介しますので、続報をお待ち下さい。

情報元及びイメージ:MP1st, charlie INTEL

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.