「CoD: Black Ops 2」の新メニューやスタジオ内部の作戦室、ビッグBANボタン、巨大CLAWなど興味深い新イメージまとめ

2012年10月4日 11:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops 2」

昨晩国内吹き替え版の発売日が発表された「Call of Duty: Black Ops 2」ですが、海外ではコミュニティ向けのスタジオツアーを含むマルチプレイヤーイベントやオーストラリアで開催されるEB Expoへの出展、謎のリークイメージなど、多方面から興味深い動きが見え隠れする状況が続いています。

本日はそんなTreyarchスタジオ内部のイメージ、David Vonderhaar氏が公開したCall of Duty: Black Ops 2のメニューイメージなど、昨晩登場した新しいイメージ群をまとめてご紹介します。

「Call of Duty: Black Ops 2」
お馴染みcharlieINTELを始め13人の著名なコミュニティメンバーがTreyarchの作戦室に招待された
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
ロビーにはBANされたユーザーのGamertagと居住エリアを示す“Big Ban Button”が設置されている
参考:Treyarchの恐るべき秘密兵器“Big Ban Button”の挙動を収録した映像
大陸間弾道ミサイルがBANされたユーザーに向かって発射される
「Call of Duty: Black Ops 2」
David Vonderhaar氏が本日公開したイメージ、新しいアートワークを配したメニューが見られる
「Call of Duty: Black Ops 2」
明日から開催されるEB Expo会場に出現した四足歩行メックC.L.A.W.!

小規模なベータテストのクライアントに関する真偽不明のイメージが流出

「Call of Duty: Black Ops 2」

本日、RedditのCall of Duty: Black Ops 2コミュニティにてMoederPoederと名乗るユーザーがベータテストへの招待を示す1枚のイメージを投稿。ベータテストの存在及び流出に関する是非はともかくとして、“Phoenix”と題されたプロジェクト名とデスクリプションの内容が注目を集めています。

デスクリプションに記されたCall of Duty: Black Ops 2と何ら関係ないように感じられるテキストは、イギリスヴィクトリア朝時代の著名な詩人アルフレッド・テニスンの代表的な作品“The Charge of the Light Brigade”の一篇“The Eagle”を引用したもので、クリミア戦争を題材に戦争の恐怖と死、高潔さを描く中で“鷲”を思惟的に表現したこの詩がどういった意味を持つのか、来るBO2のプロットを含め非常に興味深いところです。

情報元及びイメージ:charlie INTEL, Twitter, Twitter, gameranx

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.