呪われた家族と死の物語を描く新作「What Remains of Edith Finch」のゲームプレイに関する興味深いディテールが登場

2015年5月23日 11:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「What Remains of Edith Finch」

先ほど、ロサンゼルスで行われたインディータイトルのプレE3イベントから浮上した“Wattam”の情報をご紹介しましたが、このイベントには“The Unfinished Swan”を生んだGiant Sparrowが開発を進めている「What Remains of Edith Finch」も出展されており、VentureBeatのDean Takahashi氏のプレビューから謎に包まれた新作の物語やゲームプレイに関する非常に興味深いディテールが明らかになっています。

参考:昨年12月に公開された“What Remains of Edith Finch”のアナウンストレーラー
  • 昨年12月に正式アナウンスが行われた“What Remains of Edith Finch”は、ワシントンのとある呪われた家族を描く作品で、複数の短編によって構成されることが報じられていた。
  • The Unfinished Swanに続いて“What Remains of Edith Finch”の開発を率いるGiant SparrowのIan Dallas氏によると、本作は氏がスキューバダイビング中に感じた海底の美しさと恐ろしさ、そして絶えることなく続く永遠性にインスピレーションを得たとのこと。
  • “What Remains of Edith Finch”は、何れも死に対する恐れに基づく感情を扱う短編小説のような一連のエピソードによって構成される。
  • 会場で見られたパートでは、死にかけている少女の見る夢が描かれ、フクロウとなった少女がウサギを狩って食べ、その姿をサメに変えた少女が空から落ちて大海をうねりながら泳ぐなど、現実の夢のように特定の意味を持たない展開が美しく再現されたリアルな3Dアートで描かれていた。
  • Dean Takahashi氏は、本作がビデオゲームからめったに得られないようなエモーショナルでかつてない経験を提示していると強調している。
  • リリースは2016年を予定しているとのこと。
情報元及びイメージ:VentureBeat

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.