名門Looking Glassの父Paul Neurath氏が開発を率いる「Underworld Ascendant」の新たなプレイ映像がお披露目、幾つかの新情報も

2018年1月17日 23:53 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Underworld Ascendant」

かつて名門“Looking Glass Studios”を設立し、“Ultima Underworld”シリーズのデザイナーを務めたPaul Neurath氏の新スタジオOtherSide Entertainmentが開発を進めているUnderworldシリーズ最新作「Underworld Ascendant」ですが、先週末テキサス州で開催されたPAX South会場では、本作の未公開フッテージを含むゲームプレイ映像がお披露目され、先ほど一部未見のシーンとスタジオ内部の様子を含むPAX South向けのプロモーション映像が公開されました。

また、PAX South会場でディレクターJoe Fielder氏のインタビューを行ったThe Vergeが本作のプレビューを掲載しており、幾つかのディテールが判明しています。

  • 再掲:“Underworld Ascendant”は、92年の初代“Ultima Underworld”に続いて、再びステイジアンアビスが舞台となる一人称視点のダンジョン探索RPGで、物理ベースのトラップやビジュアルを特色としている。開発は、かつてLooking Glass Studiosを設立したUnderworldシリーズを生んだ中心人物Paul Neurath氏が率いており、ウォーレン・スペクター氏に加え、BioShockシリーズやThe Last of Usでお馴染みNate Wells氏がアートディレクターを務めている。505 Gamesが販売を担当し、2018年後半発売予定。
  • 92年のオリジナルから幾つかのアイテムが再登場する。死亡時に任意の場所で復活可能にするSilver Saplingが確認済み。
  • “Underworld Ascendant”は、様々なプレイスタイルや異なるアクションを推奨しており、アクティビティ毎に用意された実績的な“Feats”を解除することによって経験値が得られる。
  • また、クエストの完了時には、ゲーム内通貨“Memora”がリワードとして与えられるが、この報酬はプレイヤーがいかに異なるゲームプレイ要素を組み合わせたか、或いは以前に試していないシステムを利用したかによって増減する。
  • この要素は本作のストーリーに関係しており、プレイヤーはステイジアンアビスの最深部で“Typhon”と呼ばれる原初の悪夢と対峙するが、この“Typhon”を過去に何度も試されたような方法で打ち倒すことはできず、プレイヤーには“Typhon”を倒すために必要なクリエイティブで革新的な精神が求められるとのこと。
  • また、ゲーム内に登場する複数の勢力も異なるプレイスタイルを推奨する仕組みとなっており、余りに多くの炎を使いすぎれば“Shamblers”と呼ばれる菌の集合意識が腹を立てるほか、ある勢力は近接戦闘を好むといった特性が設けられている。
「Underworld Ascendant」
情報元及びイメージ:The Verge

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその124
「4コマ:千里眼」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.