日本語PS4版「シティーズ:スカイライン」の新たな発売日が2018年4月12日に決定、幾つかの新情報も

2018年2月5日 17:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cities: Skylines」

11月末に発売の延期が報じられていた日本語PS4版「シティーズ:スカイライン」ですが、本日スパイク・チュンソフトが本作の新たな発売日をアナウンスし、2018年4月12日に待望の国内ローンチを果たすことが明らかになりました。

また、発売日の決定に併せて、住民達の生活基盤を担う“区画整備”に関するディテールが報じられています。

都市開発シミュレーションゲーム『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』発売日が 4 月 12 日に決定

住民生活の基盤を作る「区画整備」情報を公開!

株式会社スパイク・チュンソフトは、現在鋭意開発中の『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』の発売日を、2018 年4 月12 日(木)に決定いたしました。

また、ゲーム内容について、住民生活の基盤を形作る「区画整備」に関する情報を公開いたします。

区画とは

都市に住民が定着するためには、彼らの住宅と仕事、そして商店が必要です。本作では、道路に面した土地を市民生活の基盤となる「区画」に指定することで都市が発展していきます。

区画には居住・商業・産業の 3 種類が存在し、それぞれ役割が異なります。また、相互に密接な関わりを持っているため、プレイヤーそれぞれの都市が抱える課題に応じて、各区画のバランスを調整する必要があります。

居住区画

市民のための住宅が建つ区画。居住区画には低密度と高密度が存在し、低密度区画には主にファミリーが住む戸建て住宅が、高密度区画には単身者が多く居住する高層建築が建てられます。産業区画に対しては就労を、商業区画に対しては就労と商品購買を提供します。

「Cities: Skylines」

産業区画(工業・オフィス)

工業区画とオフィス区画は、市民に対して多くの雇用を創出します。工業区画は幅広い教育レベルの市民に仕事を提供し、商業区画へと製品を出荷しますが大きな騒音と環境汚染が発生してしまいます。オフィス区画は教育レベルの高い市民向けの求人が多く、環境への影響が少ないのが利点ですが、税収は少なくなります。

「Cities: Skylines」

商業区画

商業区画には多数の商店が建ち並びます。各商店は工場から商品を仕入れ、市民に商品を販売するので、商業を発展させるためには安定的な商品の仕入れと十分な数の顧客が必要となります。居住区画と同様、商業区画にも低密度と高密度の 2 種類が存在します。

「Cities: Skylines」

区画整備

道路を敷設すると、その道路に面した土地を区画として指定できるようになります。市民の需要を示すゲージを参考に現在必要な区画を整備していきます。整備された区画には、そのタイプに応じて建物が建ち始めます。建物にはレベルがあり、公共サービスの充実度や地価、区画の配置バランス等が密接に相互関連しながら自動的に変動します。

「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」

特区

商業区画と工業区画では、特定の業種に特化した区画(特区)を整備することもできます。

工業区画には、林業・農業・鉱業・石油産業という 4 つの特区が用意されています。林業や農業は、土壌汚染が少ないクリーンさが魅力ですが、税収はやや減少し、高学歴の市民向けの雇用はあまり期待できません。いっぽう鉱業や石油産業は、通常の工業区画よりも増収が見込めますが、土壌・水質の汚染度合は強くなってしまいます。

「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」

商業区画では娯楽特区と観光特区を指定できます。娯楽特区はレジャー施設や夜間営業を行う飲食店が多く、低下しがちな夜間の税収を補う効果が期待できますが、騒音などによる近隣住民とのトラブルに注意が必要です。観光特区は観光客向けのホテルが多く建設される区画です。経済効果は限定的ながら、大都市らしい高層ビル群のビジュアルが魅力的です。

「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」

ゲームスペック

  • タイトル:シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition
  • プラットフォーム:PlayStation®4
  • 発売日:2018 年4 月12 日発売予定
  • 価格:パッケージ版・ダウンロード版/5,400 円+税
  • ジャンル:都市開発シミュレーション
  • プレイ人数:1 人
  • CERO:A(全年齢対象)
  • 販売元:株式会社スパイク・チュンソフト
  • 発売元:Paradox Interactive AB
  • 開発元:Tantalus Media Pty Ltd.
  • 公式サイト:http://www.spike-chunsoft.co.jp/cities_skylines/

© 2015-2017 and published by Paradox Interactive AB, CITIES: SKYLINES and PARADOX INTERACTIVE are trademarks and/or registered trademarks of Paradox Interactive AB in Europe, the U.S., and other countries. Developed by Colossal Order Ltd. Adapted for PlayStation®4 by Tantalus Media Pty Ltd. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

※「PlayStation」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.