HacknetやFramedを販売するインディーパブリッシャー“Surprise Attack”が「Fellow Traveller」としてリブランド、今後はナラティブゲームに注力

2018年7月24日 18:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fellow Traveller」

HacknetやOrwell、FRAMED Collectionといったお馴染みの人気タイトルをはじめ、当サイトでご紹介した期待作“The Stillness of the Wind”や“Genesis Noir”など、多彩なインディタイトルの販売を手掛けるオーストラリアのパブリッシャ「Surprise Attack Games」ですが、今月迎えた“Surprise Attack”の設立5周年に併せて、レーベルのリブランドがアナウンスされ、新たにパブリッシャーの名称を「Fellow Traveller」に改めたことが明らかになりました。

さらに、今回のリブランドに併せて、新作2本の提携が発表され、Chance Agencyが開発を手掛ける注目のサイバーパンクタクシーアドベンチャー「Neo Cab」と、惑星の海を探索するJump Over the Ageの新作「In Other Waters」の販売を新たに担当するほか、今後はインディデベロッパが手掛ける優れたナラティブゲームのパブリッシングに注力するとのこと。

“Fellow Traveller”のタイトルライナップを紹介するプロモーション映像

また、スタジオの設立5周年とリブランドを祝い、SteamとGOG.com、Humble Store、PlayStation、Xbox、Nintendo Switch向けのセールがスタートしたほか、今後発売されるタイトルのラインアップと発売時期が報じられています。

  • The Stillness of the Wind(開発Lambic Studios):2018年Q3
  • Blind(Tiny Bull Studios):2018年Q3
  • 未発表新作(不明):2018年Q3
  • Neo Cab(Chance Agency):2019年Q1
  • The Invisible Hand(Power Struggle Games):2019年Q1
  • 未発表新作(不明):2019年Q1
  • 未発表新作(不明):2019年Q2
  • In Other Waters(Jump Over the Age):2020年Q1
  • Genesis Noir(Feral Cat Den):2020年Q1

なお、Surprise Attack Gamesは、かつてTHQでBlue Tongue(De Blob 2やキャンセルされたhe Avengers: The Video Gameで知られる)やTHQ Studio Australiaを含むオーストラリアのビジネスを率いたChris Wright氏が2011年に設立したSurprise Attack Consultingが前身となったDouble Jump Communicationsのパブリッシングレーベルとして知られていました。

期待作“Neo Cab”のストーリートレーラー、2019年Q1発売予定
生命に満ちた惑星の海を探索する“In Other Waters”
情報元:VentureBeat

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.