人気ウェブコミック“Cyanide & Happiness”の世界が舞台となる新作2Dバトルロイヤル「Rapture Rejects」のSteam Early Accessローンチが11月29日に決定

2018年11月24日 11:47 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rapture Rejects」

Rob DenBleyker氏とKris Wilson氏、Dave McElfatrick氏らが手掛ける人気ウェブコミック“Cyanide & Happiness”の世界を舞台とする2Dバトルロイヤルとして、今年開催されたtinyBuildのE3プレスカンファレンスにてアナウンスされた新作「Rapture Rejects」ですが、新たにtinyBuildが本作のSteam Early Access版の発売日をアナウンスし、2018年11月29日のローンチを予定していることが明らかになりました。(価格は2,050円/20ドル/16英ポンド/17ユーロ)

参考:今年6月に公開された“Rapture Rejects”のアナウンストレーラー

シアトルのGalvanic GamesとtinyBuildが手掛ける“Rapture Rejects”は、最大50人プレイに対応するアイソメトリックなブラックユーモア溢れる2Dバトルロイヤルで、2020年初頭の製品版ローンチを予定しています。

■ このゲームについて

皆が昇天し始めた。君は選ばれなかった。

  • Rapture Rejects は黙示録的な Cyanide & Happiness の世界を舞台にした見下ろし視点のアイソメトリック型ラストマン・スタンディングゲームです。
  • 神に取り残された極悪人たちがやるべきことは、お互いに殺し合うことでした。
  • 武器を集めて地上の残った他の人間を皆殺しにし、全知全能の神を感心させて天国に連れて行ってもらいましょう。

Rapture Rejects はウェブコミック、Cyanide & Happiness をベースにしたブラックユーモアあふれるバトルロワイヤルゲームです。

50人のプレイヤーが一人しか生き残れない世界に放り込まれます。リソースを集め、最後の生き残りになるまで敵と戦いましょう。そうすれば天国に行くことができます。

Galvanic と tinyBuild が Cyanide & Happiness と密接に連携して制作した Rapture Rejects は見下ろし視点のアイソメトリックビューを採用し、まったく新しい方向性のバトルロワイヤルを提供することで、わかりやすいゲームプレイを実現し、素敵なキャラクター設定を簡単に区別できるようになっています。

このすべてに Cyanide & Happiness のユーモアを加えれば、誰も絶対にプレイしないようなゲームを手に入れることができます。

「Rapture Rejects」
「Rapture Rejects」
「Rapture Rejects」
「Rapture Rejects」
情報元及びイメージ:Dualshockers, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.