サバイバルベータを導入する「Fallout 76」アップデートの変更点をまとめたパッチノートが公開

2019年3月26日 23:48 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

先ほど、ワイルドアパラチアの新コンテンツを導入するメンテナンスがスタートした「Fallout 76」ですが、新たにBethesdaが予告通り変更点の詳細をまとめたパッチノートを公開しました。

PvPに重点を置く新モード“サバイバル”(ベータ)や既存のアドベンチャーモードにおけるスラップダメージの廃止、多数の修正を含むアップデートの変更点は以下からご確認ください。

FALLOUT 76: 「WILD APPALACHIA」パッチノート – 2019年3月26日

本日のパッチ7.5リリースに伴い、『Fallout 76』にサバイバルベータが実装されます。この新たなゲームモードでは、PvP(プレイヤー対プレイヤー)戦闘における制限が緩和され、より多くの報酬が得られます。また、自分の記録を確認できるランキング機能やXPボーナス、さらにレジェンダリーアイテムの報酬が得られるウィークリーチャレンジも登場します。『Fallout 76』の従来モードは「アドベンチャーモード」に改められ、ここでは敵対していないプレイヤーからダメージを受けないようになりました。

本日のアップデートによるパッチノートの全文は以下からご確認ください。

パッチバージョン

パッチのダウンロードサイズは、コンソール版では約 4 GB 、PC版では約 2 GB となります。

  • PC: 1.1.1.2
  • PS4: 1.1.1.1
  • Xbox: 1.1.1.1

新たなモード

『Fallout 76』の従来モードは「アドベンチャー」に改められ、新たなゲームモードとして「サバイバルベータ」が追加されました。

  • メインメニューで「PLAY」を決定すると、アドベンチャーとサバイバルベータのいずれかのワールドが選べます。
    • 新キャラクターでも、アドベンチャーモードにてVault 76から旅立った後は、直ぐにサバイバルベータモードに入ることができます。
    • 既存のキャラクターはアドベンチャーモードとサバイバルモードを自由に行き来することができます。
    • クエスト、レベル、Perk、所持品などのあらゆる進行状況は、アドベンチャーとサバイバルで共有されます。一方のモードで起きたキャラクターの変化は、もう一方のモードにも反映されます。

アドベンチャーモード

名称は変更されましたが、アドベンチャーモードは従来の『Fallout 76』とほぼ変わりません。ただし、本日のパッチにより、アドベンチャーモードのキャラクターが望まないPvPから受ける影響は、大きく低下します。

アドベンチャーモードの「スラップ」ダメージを廃止

  • 敵対していないプレイヤーから受けるダメージ(別名「スラップ」ダメージ)が、自動的に0まで低下し、事実上アドベンチャーモードのスラップダメージは廃止されました。
    • 他プレイヤーに反撃した場合は敵対行為とみなされ、攻撃によるダメージをフルに受けます。
    • 所有者がいるのあるワークショップを奪おうとする行為は、従来どおりPvP行為とみなされます。他のプレイヤーがあなたのワークショップを奪おうとしたり、あなたが他のプレイヤーのワークショップを奪おうとした場合は、攻撃によるダメージをフルに受けるようになります。

PVP戦闘とバランス

  • あらゆる武器がより大きな脅威となるように、全体的に武器ダメージを調整しました。
    • また、PvP戦闘において1回の被弾で失う体力量に制限を設けたため、一撃で倒される確率は大きく低下しています。
    • これらの変更は、サバイバルモードのPvP戦闘にも適用されます。

ファスト・トラベルとリスポーン後の無敵効果

  • ファスト・トラベルやリスポーンの直後、キャラクターに短時間の無敵効果が発生するようになりました。
    • この無敵効果は、武器を使用した時点で解除されます。

サバイバルベータ

サバイバルモードは、対戦機能をより前面に押し出した、『Fallout 76』のスリル溢れる新ゲームモードです。アドベンチャーモードからの変更点が多数存在しますので、始める前にご確認ください。クエストやイベントの完了、レベルアップ、戦利品の入手、アパラチアの探索は、サバイバルモードでもアドベンチャーモードと同様に可能です。

サバイバルベータで登場する新要素については以下をお読みいただき、さらに詳しい情報については直近の概要記事をご覧ください。

PVP戦闘とバランス

  • サバイバルモードのプレイヤーは、開始時点から互いに敵対しており、制限のない状態で攻撃される恐れがあります。
    • さらに、サバイバルモードにはスラップダメージが存在しないため、プレイヤー同士の攻撃のダメージを最初からフルに受けます。
  • 他のプレイヤーに近付く時に、武器をしまって頭上に薄い黄色のネームプレートを表示させ、敵対する意志がないことを示すこともできます。
    • 武器を出したまま相手に近付く場合は、敵意があると見なされ、ネームプレートの代わりに頭上に赤いマーカーが表示されます。
  • 同じ種類のスティムパックの効果が重複しなくなりました。
    • 例えば、スティムパック(希釈)と通常のスティムパックは一度に両方が有効になりますが、複数の通常のスティムパックの効果は同時に有効となりません。
  • 前述したアドベンチャーモードにおける、PvP戦闘時の武器ダメージ調整は、サバイバルベータにも適用されます。

サバイバルモードプレイ時のXPボーナス

  • サバイバルモードをプレイ中のプレイヤーには、獲得XPに20%のボーナスが付与されます。

新ウィークリーチャレンジによるレジェンダリー報酬の獲得

  • 完了時にレジェンダリー報酬を獲得できる新たなウィークリーチャレンジが追加されました。
    • サバイバルベータ以降は様々な報酬を獲得できる新たなウィークリーチャレンジが毎週追加されます。
    • 開始6週までのサバイバルベータ・ウィークリーチャレンジでは、レジェンダリー武器が獲得できます。詳細は直近のサバイバルベータの概要記事をFallout.comでご確認ください。

ハイリスクな死亡システム

  • プレイヤーは死亡時、全てのジャンク品に加え、所持する医療品アイテムのうちランダムな数をドロップします。
  • サバイバルモードにおいて、プレイヤーのキル報酬と死亡時のキャップ減額は2倍になります。
  • リスポーンする際の「リベンジを果たす」が無効化され、リスポーン時に表示されなくなりました。
  • PvPで倒されたプレイヤーは、手持ちのキャップの一部を使うことで、相手に賞金を懸けることができます。
    • これにより、相手プレイヤーは指名手配され、他の全プレイヤーのマップに賞金額が表示されます。
    • 表示される賞金額は、倒されたプレイヤーが使用したキャップの半額で、賞金を懸けるには200キャップ以上を支払う必要があります。

ファスト・トラベルとリスポーン位置の制限

  • ファスト・トラベルは、Vault 76、自身のC.A.M.P.、鉄道駅、所持するワークショップのみが対象となります。
  • リスポーンは、Vault 76、自身のC.A.M.P.、鉄道駅のみが対象となります。
  • アドベンチャーモードにおけるファスト・トラベルやリスポーンの直後の短時間の無敵効果はサバイバルモードにも適用され、武器を使用した時点で解除されます。

プレイヤー位置のマップ非表示

  • 指名手配されたプレイヤーと、最長生存時間ランキング上位3名のプレイヤーを除き、プレイヤーの位置はマップに表示されません。

ランキング機能

  • ランキング機能が実装されました。現在のセッションにおける成績と週内の自己記録をもとに、現在のワールド内にいるプレイヤーが様々なカテゴリーにランク付けされます。
    • カテゴリー:最長生存時間、倒したプレイヤー数、獲得したXP、完了したイベント、倒した敵、集めた賞金、指名手配時間、ワークショップ取得。
    • プレイヤーの記録は、サバイバルの異なるワールドにも持ち越されます。
  • ランキングは、マップを開いて十字キーの左を押す(コンソール版)か、マップ上の新たなランキングウィジェットをクリック(PC版)することで表示できます。
  • 最長生存時間の上位3名のプレイヤーには、プレイヤーアイコンの隣に金/銀/銅のメダルが表示されます。
    • これらのメダルはマップにも表示され、ワールド内の他の全プレイヤーは上位3名のプレイヤーの現在位置を知ることができます。
  • 死亡時の表示画面が新しくなり、プレイヤーはその週の自己記録との比較データを見ることができます。

SOCIALメニューのサバイバルアイコン

  • 現在サバイバルモードのワールドにいるフレンドは、SOCIALメニュー内の名前の隣にキャンプファイヤーのアイコンが表示されるようになりました。

不具合の修正

描写とグラフィック

  • ロボブレイン: 意図しないロボブレイン頭部の発光効果を取り除きました。

パフォーマンスと安定性

  • パフォーマンス: ワールドとの接続を切断中に、プレイヤーが倒された際にパフォーマンスが低下する問題を修正しました。
  • サーバー: サーバーの安定性に影響する複数の問題を修正しました。

クエストとイベント

  • Signal Strength: 国立隔離無線アレイの制御室のドアスイッチが消失する問題を修正しました。

ユーザーインターフェース

  • 外見の変更: プレイヤーが決定していない外見の変更が、外見の変更メニューを抜けたあとに持続しなくなりました。
  • ホットキー: PC版の作業台でフィルター「プレミアムを切替」のホットキーが機能しなくなる問題を修正しました。
  • ローカライズ: 英語以外の言語で『Fallout 76』のゲームクライアントを実行中、クエスト「Wasted on Nukashine」に関連する一部のメモ、手紙、クエスト目標、また醸造と蒸留のクラフトシステムが英語で表示される問題を修正しました。
  • ローカライズ: 英語以外の言語で『Fallout 76』のゲームクライアントを実行中、ヌカ・シャインの瓶のラベルの文字が見切れる問題を修正しました。
  • ローカライズ: 英語以外の言語で『Fallout 76』のゲームクライアントを実行中、作業台でアトミックショップの未購入アイテムを見ている際に「解除可能アイテムに切替」と「アトミックショップで見る」に仮のテキストが表示されなくなりました。
  • ローカライズ: 英語以外の言語で『Fallout 76』のゲームクライアントを実行中、絶対的な重量制限を超えた状態でアイテムを見ている際、「破壊」の選択肢に仮のテキストが表示されなくなりました。
情報元及びイメージ:Bethesda.net

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.