人類の起源を描く期待作「Ancestors: The Humankind Odyssey」の日本語版が正式アナウンス、発売は海外版と同日

2019年5月24日 17:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ancestors: The Humankind Odyssey」

昨晩、PC版の8月27日ローンチとコンソール版の12月発売決定をご紹介したPanache Digital Gamesのデビュー作「Ancestors: The Humankind Odyssey」ですが、本日Take-Twoの新レーベルであるPrivate Divisionがプレスリリースを発行し、“Ancestors: The Humankind Odyssey”の発売日を国内向けに報告。さらに完全日本語版の同時リリースをアナウンスしました。

野心作“Ancestors: The Humankind Odyssey”の概要に加え、かつてUbisoftでAssassin’s Creedシリーズの誕生と成功を支えたPatrice Desliets氏のコメントを含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

「Ancestors: The Humankind Odyssey」PC 版は 2019 年 8 ⽉ 27 ⽇、コンソール版は 2019 年 12 ⽉にリリース決定

完全⽇本語版も同時リリース

Panache Digital Games と Private Division が贈る、胸躍る新しい探検サバイバルゲームで⼈類の壮⼤な物語を体験しよう。

Private Division と Panache Digital Games は本⽇、「Ancestors: The Humankind Odyssey」の PC*版を 2019 年 8 ⽉ 27 ⽇に Epic Games Store で配信し、コンソール向けのデジタルダウンロード版を 2019 年 12 ⽉に PlayStation®4 システムおよび Xbox One X を含むXbox One ファミリーに向けてリリースすることを発表した。「Ancestors: The HumankindOdyssey」は、「アサシンクリード」シリーズの初代クリエイティブディレクターを務めたパトリス・デジーレ⽒が 2014 年に共同設⽴した独⽴系開発スタジオである Panache DigitalGames の処⼥作となる。

「Ancestors: The Humankind Odyssey」のプレイヤーは、1000 万年前から 200 万年前にかけての過酷でありながらも美しいアフリカの⼤地で⽣き延び、進化を遂げなければならない。

プレイヤーは、オープンワールドサバイバルのジャンルを⾰新的に解釈した世界の中で⽣き延びるため、⼈類の祖先として新第三紀のアフリカを探索し、テリトリーを拡⼤し、進化して、ある世代から次の世代へと⼀族を発展させていく。「進化」、「発⾒」、「サバイバル」をベースにしたゲームおよび仕組みになっており、プレイヤーは多様な地形や環境を旅し、さまざまな捕⾷動物に出くわし、新しい能⼒を⾝につけて次の世代に継承していく。

「『Ancestors: The Humankind Odyssey』の⽬的は、これまでに誰も味わったことのないような体験を提供することだ」と Panache Digital Games の共同設⽴者兼クリエイティブディレクターのパトリス・デジーレ⽒は述べた。「当スタジオの少⼈数のチームは、あらゆるタイプのゲーマーを魅了するユニークな世界を舞台にした野⼼的な没⼊感のあるゲームを開発しており、年内にプレイヤーたちにこの世界を探索してもらえるのを楽しみにしている。」

「Private Division と Panache Digital Games は、すべてのプレイヤーに最⾼の体験を届けるという情熱を共有している」と Private Division でシニアプロデューサーを務めるカリ・トヤマ⽒は述べた。「私たちはパートナーとして、Panache が開発に時間をかけることで『Ancestors: The Humankind Odyssey』のすべてのバージョンが、リリース時にチームが設けた⾼い基準を確実に満たせるようにするよう⽀援する。開発者重視のパブリッシャーとして、これは⼩規模な独⽴系開発チームと連携する際に私たちがとる重要なアプローチだ。」

リリース⽇の発表と同時に、Panache Digital Games と Private Division は「Ancestors: The Humankind Odyssey」の公式キーアートも公開した (ファンの⽅々はこちらから⾒ることができます)。また、開発チームはパトリス・デジーレ⽒が本作のユニークなシステムとコンセプトを説明する 3 部構成のビデオシリーズの 2 番⽬のエピソードも併せて公開した。「Ancestors: The Humankind Odyssey」の『Expand』エピソードを今すぐ YouTube で観よう。

「Ancestors: The Humankind Odyssey」の PC*版は 2019 年 8 ⽉ 27 ⽇に Epic Games Storeで配信され、コンソール向けのデジタルダウンロード版は 2019 年 12 ⽉に PS4™システムおよび Xbox One に向けてリリースされる。本作は以下の⾔語に対応している: ⽇本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語 (カスティーリャ語)、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、ロシア語、ポーランド語、ポルトガル語、アラビア語。「Ancestors: The Humankind Odyssey」の ESRB によるレーティングは「T」 (13 歳以上対象)。「Ancestors: The Humankind Odyssey」に関する詳細情報を得るには、YouTube チャンネルに登録し、Twitter をフォローし、Facebook でファンになり、www.AncestorsGame.com にアクセスしよう。

*「Ancestors: The Humankind Odyssey」の PC 版は、発売後 1 年間 Epic Games Store で独占販売。
それ以後は他のデジタル販売サービスでも購⼊可能。
Private Division は、Take-Two Interactive Software, Inc (NASDAQ:TTWO) のパブリッシングレーベル。

【Ancestors: The Humankind Odyssey の概要】

  • タイトル Ancestors: The Humankind Odyssey
  • アンセスターズ:ヒューマンカインド オデッセイ
  • 発売元 Private Division
  • 開発元 Panache Digital Games
  • プラットフォーム PC / PS4 / Xbox One
  • ジャンル アクション、アドベンチャー、 RPG
  • 発売⽇ PC: 2019 年 8 ⽉ 27 ⽇/コンソール:2019 年 12 ⽉中
  • モード シングルプレイ
  • レーティング : ESRB: T (Teen) / ⽇本:未定

【Panache Digital Games について】

Panache Digital Games は、⾼い評価を受けているクリエイティブディレクターのパトリス・デジーレ⽒とジャン=フランソワ・ボワヴァン⽒が 2014 年に共同設⽴したモントリオールに拠点を置く独⽴系開発スタジオ。業界のベテランから成るチームとともに、PanacheDigital Games は、美しく、独創的な、楽しいゲームを通じて、最上級の体験をファンに届けることを⽬的としている。限界を押し広げ、既成概念にとらわれずに思考することがチームの DNA となっており、それが Panache Digital Game のゲームの開発⽅法に反映されている。詳しくは、公式ウェブサイト www.panachedigitalgames.com にアクセス。

【Private Division について】

Private Division は、開発会社にフォーカスしたゲーム販売会社。情熱を持ってゲームを開発する独⽴系スタジオを応援し、世界規模でそのタイトルが評価され、商業的成功を収めるのに必要なサポートを提供する。同社は Kerbal Space Program を販売し、今後も Obsidian Entertainment、Panache Digital Games、V1 Interactiveといったクリエイティブな才能で有名なスタジオのタイトルを発売する予定だ。本社はニューヨーク市にあり、シアトルとミュンヘンにオフィスを構える。詳しくはwww.privatedivision.com を参照。

Private Division は、Take-Two Interactive Software, Inc. (NASDAQ:TTWO) の販売レーベルでもある。

【Take-Two Interactive Software について】

ニューヨーク市に本社を置く Take-Two Interactive Software, Inc. は、世界中の消費者を対象とするインタラクティブエンタテインメントの開発、販売、宣伝の⼤⼿。主に、完全所有するレーベル Rockstar Games と 2K の他に、Private Divisionレーベル、そしてモバイルゲームの⼤⼿開発会社 Social Point を通して、製品を開発・販売している。製品はコンソールシステムと、スマートフォンやタブレットを含むパーソナルコンピューター向けにデザインされ、実店舗、デジタルダウンロード、オンラインプラットフォーム、クラウドストリーミングサービスで販売する。
同社の普通株は NASDAQ で、TTWO のシンボルで株式公開されている。企業及び製品に関する詳しい情報は、http://www.take2games.com を参照。

ここに含まれている商標および著作権はすべて、各所有者に帰属する。

情報元及びイメージ:,

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.