PS4とXbox One版「Wreckfest」の発売日が8月27日に決定、FlatOutを生んだBugbearのデストラクションダービー系レーシング

2019年7月2日 23:45 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Wreckfest」

昨年10月に、コンソール版の発売延期が報じられたデストラクションダービー系レーシング新作「Wreckfest」ですが、新たにTHQ NordicとBugbear Entertainmentが、PS4とXbox One版の発売日を正式にアナウンスし、2019年8月27日の海外ローンチを予定していることが明らかになりました。

新たに公開されたコンソール版“Wreckfest”の新トレーラー
予約特典として同梱される“Bandit Ripper V8”のゲームプレイ映像も

PS4とXbox One版“Standard Edition”の価格は39.99ドル/39.99ユーロ/34.99英ポンド/2,599ロシアルーブル/59.95オーストラリアドルで、シーズンパスを同梱する“Digital Deluxe Edition”版の価格は59.99ドル/59.99ユーロ/54.99英ポンド/3,599ロシアルーブル/AUD 99.95オーストラリアドルとなっています。

なお、本作のシーズンパスには、20台の新ビークルや特別な屋根の装飾と装甲、リムといった20種の車両カスタマイズが含まれるとのこと。

また8月27日のコンソール版発売に併せて、PC向けに3つの新トラックと新しいダービーアリーナ1種、クレイジーな3つの新しいチャレンジビークル、キャリアを完了させるためのリワード車両1種、新しくかつ改善されたキャリアイベント、既存の車両向けの幾つかの新しいペイントジョブ、全てのトラック向けに追加された日中の表現、その他多彩な新コンテンツが無料アップデートとして導入される予定となっています。

■ このゲームについて

ルールを壊せ!Wreckfestで極限のフルコンタクト・レーシングを体験しよう!

劇的なクラッシュ、フィニッシュライン間際の激しい競り合い、そして見たことのない形に歪む車体。Wreckfestでは、FlatOut 1 & 2を制作した伝説的デベロッパBugbearによる現実的な物理シミュレーションにより、その時限りの光景がいくつも生まれていく。

ここは究極の車の遊び場だ。大いにタイヤを焦がし、思う存分ボディを引き裂こう。

Wreckfestでは、豊富なオプションパーツでマシンのアップグレードとカスタマイズが可能。デモリション・ダービーに備えて補強バンパーやロールケージ、サイドプロテクターなどを取り付けるのもよし。バンガー・レースに向けて、エンジン・パフォーマンスに影響するエアフィルター、カムシャフト、燃料システムなどを交換・搭載するのもよし。Wreckfestは、本格的な戦闘型モータスポーツ・ゲームだ。

    独特のレース体験:手に汗を握る、ルールのないレースアクションが展開される。現実に即した物理シュミレーションならではの、その場限りの光景が生まれる。高速サーキットでぶつかり合いながらの激しい競り合い。ルートが交差していたり、対向車両が表れるクレイジーなサーキットで、大破のリスクを負った走行。または、完全に相手を破壊するまで終わらないダービーアリーナを体験しよう。
    迫力のマシン:古びた廃車のパーツを継ぎ合わせたマシンたちは、それぞれがスタイルにあふれる。アメリカの古いヘビーヒッターから、俊敏なヨーロッパ車、そして楽しさのつまった日本車まで登場!他のゲームでは見られないライナップが用意されている。
    プレイに影響するカスタマイズ:マシンの外観のみならず、ボディの装甲などもアップグレード可能。
    マルチプレイヤー戦:オンラインでフレンドと壊し合いながらのレース。デモリションの世界を制覇しよう!
    キャリアモード:選手権制覇を狙え。経験を積み、新たなアップグレードをアンロックしながら歴代ベストのWreckfestチャンピオンを目指そう。
情報元及びイメージ:Gematsu, THQ Nordic, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.