Eliteシリーズを生んだ名門「Frontier Developments」と「Formula 1」が“F1”マネジメントゲームのライセンス契約を締結、4本の新作を計画中

2020年3月11日 7:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Frontier Developments」

昨晩、Elite DangerousやPlanet Coasterといった作品で知られるイギリスの名門「Frontier Developments」と「Formula One Management」が“F1”のマネジメントゲームに関する複数年の独占ライセンス契約をアナウンスし、2022年のF1シーズンを皮切りに、4本の新作開発を計画していることが明らかになりました。

“Frontier Developments”が開発を手掛ける“F1”マネジメントゲームは、お馴染みのF1レースとFrontierが得意とするタイクーン系の経営ゲームを組み合わせるPCとコンソール向けの新作で、Elite DangerousやPlanet Coasterと同じ内製のCobraエンジンを採用しており、2022年の1作目以降は、2025年まで毎年シリーズの新作がリリースされるとのこと。

今のところ、新作の具体的なディテールは不明ですが、“Planet”シリーズで高い評価を獲得したFrontier Developmentsが、どんな“F1”経営ゲームを手掛けるのか、スタジオの動向に改めて期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:GamesIndustry, All Games Delta

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.