パフォーマンスやAIの改善、多数の修正を導入する「Mount & Blade II: Bannerlord」の1.1.0ベータビルドがリリース

2020年4月13日 10:53 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mount & Blade II: Bannerlord」

3月末に待望の早期アクセスローンチを果たし、非常に高い評価と記録的な販売を獲得したTaleWorlds Entertainmentの人気シリーズ最新作「Mount & Blade II: Bannerlord」ですが、連日細かな修正と改善の実装が続くなか、新たにTaleWorldsが多数の改善やバランス調整、幾つかの新コンテンツ、広範囲なバグ修正を導入する1.1.0ベータビルドを解禁し、フィードバックを得るためのテストを1週間に渡って実施することが明らかになりました。

Steamライブラリのプロパティ/ベータタブからアクセスできる今回の1.1.0ベータは、全てのプレイヤーが利用可能で、今後少なくとも1週間以上行われるテストを通じて発見された問題を修正した後、正式な1.1.0アップデートとしてリリースされるとのこと。

また、近く内部テストを終えていないコンテンツを含むアルファブランチの解禁も予定されており、こちらについては続報が待たれる状況となっています。

なお、今回利用可能となったパブリックな1.1.0ベータビルドは、広範囲なクラッシュの修正や主にサウンドシステム周りの改良によるマルチコア動作の最適化とパフォーマンスの向上、戦闘AIの改善、メモリとVRAMの使用量削減とメモリリークの修正、シーン読み込みのパフォーマンス改善、新装備の追加、アートアセットやボーン、クリッピング、アニメーション周りの膨大な修正、UIの改善と修正、スキル習得に必要となるXPの減少、レベル1キャラクターの所持スキルポイント変更(120に増加)、主に“Family Feud”と“Spy Party”を対象とするクエストダイアログの改善といった変更を特色としています。

参考:昨日公開された早期アクセス版“Mount & Blade II: Bannerlord”の新トレーラー

Mount & Blade II:Bannerlord

警笛が鳴り響き、カラスが集う。帝国は内戦によって分裂し、国境の向こう側では新たな王国が誕生する。剣を手に取り鎧をまとい、従者を召集していざ出発せよ。カルラディアの戦場で栄光を手に入れるのだ。覇者となって、古き世の燃え殻から新たな世界を作り出せ。

「Mount & Blade II: Bannerlord」は絶賛された中世戦闘シュミレーションRPG「Mount & Blade: Warband」の、ファン待望のシリーズ続編です。本作では200年前を舞台に、きめ細かい戦闘システムとカルラディアの世界をさらに拡大。包囲攻撃兵器で山中の要塞を砲撃して、街の裏通りで秘密の犯罪帝国を気づき上げ、権力の座をめぐって混沌たる戦闘の最中に突撃しましょう。

ストラテジー・アクションRPG

カルラディアの広大な大陸を探検し、奇襲して征服しながら味方や敵を作ろう。自分の軍隊を立ち上げて戦場に赴き、交戦の最中に指令を下しながら戦え。

シングルプレイのサンドボックスキャンペーン

自分の好きなようにプレイしよう。1回として同じプレイ内容は存在しないダイナミックなサンドボックスの冒険で、権力を手に入れるための策略を練ろう。

広範なキャラクター作製と進化システム

自分だけのキャラクターを自分のプレイスタイルに合わせて作製し、発展させよう。アクションを実行することで能力が熟達に達し、パークを手に入れてスキルを進化させることができる。

リアルな経済活動

シュミレーションされた封建時代の経済で入手可能な商品数が減退し流入するなか、香料から軍馬まで、あらゆる価格が需要と供給とともに変動する。包囲した後で飢えた町にいち早く穀物を持ち込んだり、強盗がはびこるキャラバンルートを再開するなど、無秩序をうまく利用しよう。

マルチプレイゲームモード

小規模の小競り合いから数百人のプレイヤーが集う壮大な巨大包囲攻撃まで、さまざまなマルチプレイモードで世界中のプレイヤーを相手に戦術能力や戦闘スキルの腕を試そう。

スキルベースの戦闘指揮システム

奥深く使いやすい戦闘システムで敵を征服。使い方は簡単で、使いこなすのは難しい。

手に汗握るバトル

一人称または三人称視点で戦場に没頭して、残忍な中世の戦闘を体験しよう。画面上に現れる数百もの部隊は、詳細なAIを備えている。

広範なMOD機能

ゲームをカスタマイズして、まったく別の自分だけの冒険を体験しよう。「Mount & Blade II: Bannerlord」の開発に使用するエンジンとツールはコミュニティの皆様にもお使いいただけます。カルラディアの改造や、自分だけの世界を作ることもできます!

現在、本作は日本語でのご利用はできません。翻訳は今後の段階で行われる予定です。

情報元及びイメージ:PCGamesN, DSOGaming, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.