日本語PS4版「シティーズ:スカイライン」で未来の高浜市を創造するコンテスト“未来のまちづくり”プロジェクトの最優秀/優秀作品がアナウンス

2020年9月10日 12:41 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cities: Skylines」

昨年10月にスパイク・チュンソフトと愛知県高浜市が提携し、2020年に迎える高浜市市制50周年の記念事業の一環として、日本語版「シティーズ:スカイライン PlayStation4 Edition」を用いた未来の高浜市を創造するコンテスト“未来のまちづくり”プロジェクトを発表し話題となりましたが、新たにスパイク・チュンソフトがプレスリリースを発行し、“未来のまちづくり”プロジェクトの最優秀/優秀作品をアナウンス。高浜市の公式サイトにて審査結果が発表されました。

愛知県高浜市×スパイク・チュンソフト「未来のまちづくり」プロジェクトの審査結果を発表

『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』を使用して
未来の高浜市を創造するコンテストを実施

株式会社スパイク・チュンソフトは、愛知県高浜市と共同展開していた「未来のまちづくり」プロジェクトについて、本日2020年9月10日(木)に高浜市のホームページにおいて審査結果が発表されたことをお知らせいたします。

このプロジェクトは、2020 年に市制 50 周年を迎える高浜市の記念事業の一環として行われたもので、スパイク・チュンソフトが販売する都市開発シミュレーションゲーム『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』を使用して、高浜市の未来の姿を、高浜市の学生・市民の皆様に創造してもらおうというコンテスト企画です。参加者には『シティーズ:スカイライン』の中で都市開発・都市経営を体験していただき、自分が市長だったらどのような街にしたいか、「まちづくり」に対する意識を高め、高浜市の未来を考えていただきました。

昨年 10 月より高浜市民向けに参加を募り、計 13 名のチームを選考。12 月にはスパイク・チュンソフトのスタッフが現地を訪れてオリエンテーションを実施し、参加者にはその日から 2020年2月下旬までの約2 カ月間、ゲームの中でまちづくりに取り組んでいただきました。本来であれば2月末日に発表・審査会を開く予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により開催を断念。プレゼンテーション動画による発表・審査へと切り替え、ついに本日、最終審査結果の発表を迎えることとなりました。

この取り組みについて、高浜市長の吉岡初浩氏は次のように述べています。

「今回の取組みが家族や友人同士で高浜市のことを考えていただけるきっかけになったこと、大変うれしく思っております。各チームとも夢と想いが表現された個性的なまちの姿であり、たいへん感銘を受けるとともに、優劣を決め難い素晴らしいものでした。もしかして遠い未来の夢物語のようなアイディアも、市民の力が集まれば遠くない将来に実現できるのではと思えるほどでした」

また、スパイク・チュンソフトのローカライズプロデューサー・片方祐介は次のように述べています。

「どの町も個性があり、何よりも楽しんで街づくりをしていただいた様子がうかがえたことが非常にうれしかったです。自分もこのゲームは相当やりこみましたが特に子供たちの発想には驚かされました。今回のコンテストがきっかけで実際の市政に関わる仕事に就きたいと考える方が出てきましたらそれはそれで素晴らしいことだと思います」

なお、優秀賞受賞者には、2021 年度に予定される市制施行 50 周年式典における表彰、及びスパイク・チュンソフトからゲームソフト 1 本を進呈させていただきます。

<コンテスト 審査結果発表ページ>

https://www.city.takahama.lg.jp/soshiki/seisaku/17676.html

<コンテスト 応募作品公開ページ>

https://www.city.takahama.lg.jp/soshiki/seisaku/17572.html

<高浜市 公式ホームページ>

http://www.city.takahama.lg.jp/

『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』 とは

都市開発シミュレーションゲームの決定版!

『シティーズ:スカイライン』は、全世界で販売され、高い評価を得ている都市開発シミュレーションゲームです。広大なマップを舞台に、自由度の高い都市作りとやりこみ要素を、快適な操作性でお楽しみいただけます。

「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」

市民一人ひとりのリアルな都市生活を表現!

都市の拡大につれて発生する、交通渋滞や労働者不足といった問題は、そこに住む市民が実際に生活している結果として引き起こされます。一人ひとりが個性を持ち、都市生活を営んでいる姿は、その行動を観察しているだけでも楽しさがあります。

「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」

段階的に解放される多彩な施設。美しい景観を堪能!

都市の総人口をはじめ、都市の状態を示す様々な数値がマイルストーン(節目)として設定されており、その達成によって新しい施設が建設可能となります。短期的な目標の積み重ねを通じて、より高度な都市づくりをお楽しみいただけます。景観の美しさも必見です。

「Cities: Skylines」
「Cities: Skylines」

『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』 ローンチトレーラー

https://youtu.be/_IlD8w5u0mE

ゲームスペック

  • タイトル:シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition
  • プラットフォーム:PlayStation®4
  • 発売日:2018 年4 月12 日
  • 価格:パッケージ版・ダウンロード版/5,400 円+税
  • ジャンル:都市開発シミュレーション
  • プレイ人数:1 人
  • CERO:A(全年齢対象)
  • 販売元:株式会社スパイク・チュンソフト
  • 発売元:Paradox Interactive AB
  • 開発元:Tantalus Media Pty Ltd.

<公式サイト>

http://www.spike-chunsoft.co.jp/cities_skylines/

© 2015-2018 and published by Paradox Interactive AB, CITIES: SKYLINES and PARADOX INTERACTIVE are trademarks and/or registered trademarks of Paradox Interactive AB in Europe, the U.S., and other countries. Developed by Colossal Order Ltd. Adapted for PlayStation®4 by Tantalus Media Pty Ltd. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

※「PlayStation」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.