Serious Sam 4のローンチを果たした「Croteam」と「Devolver Digital」が結婚を報告、“The Talos Principle 2”の計画も始動か

2020年10月22日 1:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Devolver Digital」

先日、発表から7年もの歳月を経て遂に“Serious Sam 4”のローンチを果たしたお馴染み「Croteam」と「Devolver Digital」ですが、先ほど“Devolver Digital”が公式サイトを更新し、両スタジオの結婚を報告。どうやらDevolver DigitalがCroteamを買収したことが明らかになりました。

これは、2009年のDevolver Digital設立よりもはるか以前、Croteamが初代“Serious Sam”のパブリッシャー探しに苦労し、パブリッシャー“Gathering of Developers”が唯一これを支援した頃から続いている両社の深い関係を鑑み(※ Devolver Digitalは元々GoDの共同創設者だったMike Wilson氏とHarry Miller氏が設立したパブリッシャーで、初の販売タイトルもまさに“Serious Sam HD: The First Encounter”だった)、余りに長い期間を付き合ってきたことから、結婚することにしたというもの。今のところ買収や契約の詳細は報じられていませんが、両社はDevolver DigitalがCroteamを買収したのか、それともCroteamがDevolver Digitalを買収したのか、誰にもよく分からないと説明しています。

ただし、今後確かなこととして、“The Talos Principle 2”といった新プロジェクトやさらなるSerious Samゲーム、そしてCroteamとCroteam IncubatorスタジオのオリジナルIPといった計画の存在が挙げられており、両スタジオは非常にエキサイティングな未来が待っていると強調しています。

なお、Croteamは今後も完全にクリエイティブな自由を維持するほか、Devolver Digital側はCroteamが無視するような馬鹿馬鹿しい提案をし続けるとのこと。

突如浮上した傑作の続編“The Talos Principle 2”の話題を含め、Serious Sam 4を素晴らしい作品に仕上げたCroteamがどんな計画を進めているのか、今度の動向に改めて大きな期待が掛かるところです。

参考:CroteamとDevolver Digitalのなれそめが確認できる開発映像

情報元及びイメージ:Devolver Digital

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.