インディゲームの注目作をお披露目する第2回「INDIE Live ExpoⅡ」の放送日が2020年11月7日に決定

2020年10月17日 0:19 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「INDIE Live ExpoⅡ」

今年6月、日本語と中国語、英語の3言語で放送が行われ、世界的な視聴規模が累計730万回に達し話題となったインディゲームの情報番組“INDIE Live Expo 2020”ですが、本日INDIE Live Expo実行委員会がプレスリリースを発行し、第2回となる「INDIE Live ExpoⅡ」の放送日を正式にアナウンス。2020年11月7日[土]午後6時50分の放送開始を予定していることが明らかになりました。

国内最大級インディゲームの祭典ふたたび2020 年 11 月 7 日(土) 全世界同時生放送「INDIE Live ExpoⅡ」番組情報公開

INDIE Live Expo 実行委員会より、2020 年 6 月 6 日に配信され全世界で 730 万視聴を達成したインディゲームのための情報番組「INDIE Live Expo」の第二回放送についての最新情報をお知らせいたします。

第一回(150 タイトル)を超えるゲームタイトル数を紹介

前回の INDIE Live Expo で紹介したインディゲームタイトル数(150 タイトル)を上回るタイトルを紹介します。本番組初出のタイトル情報に加え、注目のインディゲームタイトルの最新情報を発表。

また、番組内にて、「INDIE Live Expo Awards」受賞作品を発表します。ノミネート作品は近日中に公開し、一般投票の受付を開始します。

開催概要

  • 会期 2020 年 11 月 7 日(土) 18:50~(JST)
  • 出演者(敬称略)
    • 日本語版放送:吉田尚記(ニッポン放送)、水谷俊次(PLAYISM)、わいわい
    • 英語版放送:厚切りジェイソン、J-mon
    • 中国語版放送:犬次郎、黄政凱(フライハイワークス)
    • コーナーゲスト:徳岡正肇、ダイナ四
「INDIE Live ExpoⅡ」

配信プラットフォーム

番組コンテンツ

  • INDIE Live Premiere:番組がセレクトした新作タイトルや、注目タイトルの最新情報をお届けします。前回は『Craftopia』、『Nimbus INFINITY』などが発表され、大きな注目を集めました。
  • INDIE Waves:世界中からエントリーされた 150 タイトル以上のインディゲームを紹介します。
  • INDIE Live Expo Awards:
    • 一般投票・審査員投票によって選ばれた優れたインディゲームを発表・表彰します。
    • Awards 特設ページ:https://indie.live-expo.games/awards/
    • ※近日中にノミネートタイトルを発表し、一般投票の受付を開始します。
  • 世界のインディスタジオ:徳岡正肇氏による他国のインディゲーム市場の解説。第二回となる今回は、スウェーデンに焦点を当てて紹介します。
  • Live Performance:前回大好評を博したドラマー・ダイナ四氏によるドラムでのパフォーマンスを実施します。

最新情報は、公式サイト、公式 Twitter アカウントをご覧ください。

協賛企業・メディアパートナー各社(2020 年 10 月 16 日時点)

「INDIE Live ExpoⅡ」
「INDIE Live ExpoⅡ」

INDIE Live Expo とは

2020 年 6 月 6 日に第一回が放送された、インディゲームの最新情報を紹介するための情報番組です。日本語・中国語・英語で放送を行い、150 を超えるゲームタイトルを紹介し、全世界 730 万超の視聴数を獲得しました。世界中のインディゲーマーが注目する生放送イベントとして、第二回は 11 月 7 日に放送を予定しています。

  • 主催:INDIE Live Expo 実行委員会
  • 共催:株式会社リュウズオフィス
  • 企画協力:株式会社ワイソーシリアス
  • 協力:PLAYISM(株式会社アクティブゲーミングメディア)

INDIE Live Expo 実行委員会について

「インディゲーム」を多くのユーザーに知ってもらう場を作るための任意団体です。

「ゲームへの貢献」をテーマにマーケティングソリューションを提供する株式会社リュウズオフィスによりINDIE Live Expo 実行を目的として設立されました。

共催・事務局:株式会社リュウズオフィス

スマートフォン、コンシューマ、アーケード、PC といった国内主要ゲーム市場に向けた、マーケティングソリューションのプロフェッショナル集団。

生放送を重要なプロモーション施策のひとつとして位置づけ、番組企画・プロデュースに注力。数多くのゲーム生放送制作実績を持つ。

http://ryusoffice.co.jp

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.