Ubisoftがハイエンドな基本無料プレイタイトルに対する取り組みを強化、従来のAAAと並ぶ新たな柱に

2021年5月12日 21:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ubisoft」

先日、“The Division”シリーズの最新作となるF2Pタイトル「Tom Clancy’s The Division Heartland」をアナウンスし、大きな話題となったUbisoftですが、本日同社が実施した2020-2021会計年度業績報告のカンファレンスコールにて、UbisoftのCFO Frederick Duguet氏が今後のビジネス的なシフトに言及。“The Division Heartland”のようなハイエンドな基本無料プレイタイトルへの取り組みをより強化していくことが明らかになりました。

Frederick Duguet氏によると、Ubisoftはハイエンドな基本無料タイトルがオーディエンスを拡大するための絶好の機会と捉えており、年に3~4本のAAAタイトルを発売する従来の取り組みは、もはやUbisoftの価値創造のダイナミクスを示すものではないと明言。今後は高品質な有料タイトルと無料プレイの新作を高い頻度で提供することで、ブランドを拡大し、入り口を無料化することでオーディエンスの拡大を図ると説明しています。

今のところ、“The Division Heartland”以外の基本無料プレイタイトルに関する詳細は不明ですが、Frederick Duguet氏は“Hyper Scape”や“Roller Champions”、“Brawlhalla”から多くを学んでいると語り、今こそ全ての大型フランチャイズで高品質なF2Pゲームを提供する時期だと伝えています。

このアプローチは、Activisionにおける“Call of Duty: Warzone”とCoDのナンバリングの関係を思わせるものですが、UbisoftがF2P分野でApex LegendsやWarzoneのような成功を収めることができるか、来る“The Division Heartland”のお披露目に大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:PC Gamer, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.