VRシューター「Sniper Elite VR」の海外ローンチが2021年7月8日に決定、新トレーラーも

2021年6月4日 9:53 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sniper Elite」

2019年3月にアナウンスされた“Sniper Elite”シリーズのVRシューター「Sniper Elite VR」ですが、昨晩SIEが多彩なVRタイトルを紹介する“PlayStation VRスポットライト”を公開し、本作の新トレーラーをお披露目。併せて、PS VRとOculus、Steam VR向けの海外ローンチが2021年7月8日に決定したことが明らかになりました。

RebellionとJust Add Water、Coatsinkが開発を手掛ける“Sniper Elite VR”は、1943年の南イタリアが舞台となる一人称視点のVRシューターで、18のリプレイ可能なミッションやお馴染みのX-rayキルカム、PlayStation Moveコントローラ対応といった要素を特色としています。

1発の銃弾が戦争の行く末を変えることもある…

1943年イタリア南部、ファシストの勢力が祖国を蹂躙している。ステルス技術、数々の武器を駆使してイタリアのレジスタンスのために戦う君は、卓越した能力を持つ超一流スナイパーだ。凄まじきファーストパーソン シューターここに登場。

  • 心臓が早鐘を打つガンプレイ – ライフルを握りしめ、スコープを覗きこみ、狙いを定めるんだ。現実世界のごとく飛び交う弾道、実際に目の前にある武器を扱うような様々なアクション…狙撃シュミレーションは新たな次元へと到達した。
  • 魅惑のキャンペーン – 何度もリプレイ可能な18のミッション、スリリングなゲームプレイを思う存分楽しめる、壮大なキャンペーンモード。
  • 自由自在なる移動 – ステルス技術を活用して狡猾に敵兵や敵兵器を出し抜け、膨大な戦術的選択肢が潜む各ステージを堪能せよ。
  • リアルさを追求した第二次世界大戦時の武器 – 歴史的にも正確に描写された武器の数々。ライフルやサブマシンガン、ピストル、ショットガン、手榴弾や爆薬を使いこなせ
  • 解剖学的X線キルカメラ – Sniper Eliteといえばコレ、キルカメラをVR用に刷新、驚異的な破壊の全てを目撃せよ
情報元及びイメージ:PlayStation.Blog, Eurogamer, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.