「Batman: Arkham Origins」

昨晩遂に正式発表を迎え、荒々しいクライムファイター時代のバットマンを描く前日譚となることが明らかになったシリーズ最新作「Batman: Arkham Origins」ですが、Game Informer誌の特集記事にはお馴染みRocksteadyのSefton Hill氏も登場しており、多くのBatman Arkhamファンが不安を抱くであろうRocksteady開発ではない新作のクオリティについて言及しました。

Sefton Hill氏は、WB Games MontrealがBatman Arkhamフランチャイズのプリクエルを手掛けることにRocksteadyが心躍らせていると述べ、才能あるチームがArkham世界のオリジンを活き活きとしたファンタジックな体験に作り上げることを確信していると強調しています。

なお、“Batman: Arkham Origins”の開発を率いるWB Games MontrealのクリエイティブディレクターEric Holmes氏は、Prototypeのリードデザイナーを務め、Epic時代にはCliffy Bと未発表の新規IP開発に取り組んでいた人物で、オープンワールド作品には一家言を持つ人物だと言えます。

今のところ、ファミリー向けのLuuney Tunesタイトルと、Wii U版“Batman: Arkham City Armored Edition”の2作品以外に開発実績が無いWB Games Montrealですが、実際のところ版権キャラクター物の金字塔となった“Batman: Arkham Asylum”は、Rocksteadyが開発した2本目の作品(※ 処女作は2006年のFPS“Urban Chaos: Riot Response”)であり、実績と作品の仕上がりが必ずしも比例しないことはRocksteady自身が証明しています。

Sefton Hill氏が太鼓判を押し、Eric Holmes氏が率いる新たなBatman Arkhamタイトルがどんな作品となるのか、昨年の8月には前2作の立役者でもあるDCの重鎮Paul Dini氏が今後のBatman Arkham作品に関与しない旨が報じられており(※ 参考)、いずれ登場するであろうRocksteadyの新作を含めArkham Originsはフランチャイズの今後を占う重要な作品となるのではないでしょうか。

「Batman: Arkham Origins」
「Batman: Arkham Origins」
「Batman: Arkham Origins」
情報元及びイメージ:CVG, All Games Beta

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.