「Everybody’s Gone to the Rapture」

先日、gamescom会場で開催されたSonyのプレスカンファレンスにて、PS4専用タイトルとして再アナウンスされたthechineseroomの新作「Everybody’s Gone to the Rapture」ですが、2012年7月末に発表されPC向けの新作として2013年夏に発売を予定していた当初の計画が大きく変更された様子で、新たにthechineseroomが公式Twitterで対応プラットフォームに言及し、ローンチ時にはPS4専用タイトルとして登場することを改めて明言しました。

但し、thechineseroomは絶対にPC版が登場しないという訳ではないと前置きし、現段階ではPC版の計画が存在しないことを明らかにしています。

Rock, Paper, Shotgunが本作の共同ディレクターDan Pinchbeck氏に行ったインタビューによると、プロジェクトのシフトは資金と体制面に絡むもので、Pinchbeck氏は十分な資金と専門知識が確保できない状況で“Everybody’s Gone to the Rapture”を誰かの助け無しに開発することは叶わず、Kickstarterやパブリックアルファでこれを賄えるとは思えないと述べ、Sonyの支援によってプロジェクトが前進したことを示唆。さらに、thechineseroomが予てからコンソールゲームを作りたいと考えていたと語り、スタジオがSCE Santa Monica Studioのファンであることを明らかにしています。

また、先日更新された公式Blogでは、“Everybody’s Gone to the Rapture”が“Dear Esther”の精神的な後継作品であることが改めて強調されているほか、今回のシフトがPC向けの開発を終えることを意味していないとも強調されています。

なお、2012年7月のアナウンス時には、イギリス中西部の田舎町を舞台に、世界が終わるまでの60分間を複数のプレイアブルキャラクターの視点と探索を通じて何度も体験するといった、タルコフスキーの“サクリファイス”とビル・マーレイ主演の“恋はデジャ・ブ”を掛け合わせたような設定が報じられた本作ですが、PS4向けのシフトに併せてゲームプレイにも幾つか変更がもたらされた様子で、新トレーラーとPlayStation Blogの紹介により、世界が終了するまでの時間が数日間に延び、プレイアブルキャラクターが科学者となったことが判明していました。

先日公開された“Everybody’s Gone to the Rapture”の新トレーラー
「Everybody’s Gone to the Rapture」
「Everybody’s Gone to the Rapture」
「Everybody’s Gone to the Rapture」
情報元及びイメージ:Polygon

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.