「BioShock Infinite」
新プラスミド“Old Man Winter”のアートワーク

昨日、スカイフックならぬFontaine Futuristics社製“Air Grabber”のコンセプトアートが公開された「BioShock Infinite」の第2弾DLC“Burial at Sea”エピソード1ですが、先日解禁されたハンズオンプレビューから登場が判明していた凍結系の新プラスミド“Old Man Winter”のアートワークにファンメイド作品が起用されていたことが明らかになりました。

これは、“Burial at Sea”がまだアナウンスされていなかった今年5月、グラフィックデザイナーのJoe Trinder氏が2Kフォーラムに新ビガーのアートワークとして投稿したものがファンコミュニティの大きな注目を集め、その後Ken Levine氏もこれを一目見て気に入ったことから僅か1ヶ月足らずでデザインの買い取りと起用が決まったもので、買い取り当初にIrrationalが具体的な起用の詳細を明かさなかったことから、小さな収集アイテム程度の扱いと予想していたTrinder氏は、今回IGNが行ったインタビューで初めて自身の作品がエピソード1の大きな新要素となることを知り、驚きと共に大きな喜びを感じているとコメントを寄せています。

また、一目見てすぐに起用を考えたというKen Levine氏は、Old Man Winterの素敵なアートワークを見た瞬間の感想がまさに“holy s**t, this is f**king great”だったと述べ、こういったファンアートが多く投稿されるDeviantArtやファンコミュニティが個人的なお気に入りであることを強調しています。

「BioShock Infinite」
左が投稿時のオリジナル、右がラプチャー用に変更されたアートワーク
製造元もFink Manufacturing社からRyan Industryにしっかり変更されている
「BioShock Infinite」
ゲーム内に登場する“Old Man Winter”の3Dモデル

なお、エピソード1に登場する“Old Man Winter”は、初代のWinter Blastプラスミドに似た凍結/破壊効果をもつほか、破裂したパイプから流れ出る水などを凍結させ、足場として利用可能となることが報じられていました。

Old Man Winterの使用を含む未公開シーンを収録したIGNの映像
「BioShock Infinite」
Air Grabberに続いて公開された本日のコンセプトアート、スカイラインに代わるPneumo Lineのイメージ
情報元及びイメージ:IGN, Facebook

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.