「Shadowrun Returns」

1989年に発売され、今もカルト的な人気を誇るTRPG“Shadowrun”を手掛けたクリエイターJordan Weisman氏が自ら開発を率い、見事な復活を果たした「Shadowrun Returns」ですが、本日Kickstarterページの更新が行われ、ベルリンを舞台とする新たな拡張パック“Dragonfall”の発表が行われました。

“Dragonfall”は、Shadowrun世界において最も初期に発生し歴史から忘れ去られたイベント“Dragonfall”に絡む秘密や陰謀を描く新コンテンツで、Shadowrunの本質である“技術と魔法の邂逅”に立ち返る内容が描かれるとのこと。

また“Dragonfall”には、BlueSky Softwareが開発を手掛けた94年のメガドライブ版“Shadowrun”のコンポーザーとして知られるSam Powell氏の新たなサウンドトラックや、それぞれに固有の外観と背景を持つプレイヤーチームのキャラクター、スナイパーライフルを含む新武器、サイバーウェア、魔法のクリーチャーを含む敵、どこでも保存可能な新セーブ機能、ゲームエディタの新機能といった多数の改善も用意されており、2014年1月のリリースが予定されています。

なお、“Dragonfall”の価格は14.99ドルで、Kickstarterの資金提供者には無料で配信されるほか、オリジナルの本編と“Dragonfall”を同梱する24.99ドルのキャンペーンパックが発売されることも報じられています。

「Shadowrun Returns」
それぞれに固有の背景を持つDragonfallのプレイヤーパーティ
情報元及びイメージ:Kickstarter

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.