「Killing Floor 2」

先日、新種のZed(Specimen)を含む第2弾の“Meet the Zeds”トレーラーが公開されたTripwireのCo-opサバイバルホラー続編「Killing Floor 2」ですが、新たに本作のクリエイティブディレクターWilliam Munk氏とZed達のモーションアクターを務めたJackamo Harvey氏がバリエーション豊かなZedのモーションと撮影の様子を紹介する第1弾の開発映像が公開されました。

また、IGNの本作の柱となる要素やZed達のアニメーションにスポットを当てたプレビューを公開し、幾つかの新情報が明らかになっています。

モーションキャプチャー撮影の様子を紹介する第1弾の開発映像、最後に収録された機密映像も必見
  • 本作のクリエイティブディレクターWilliam Munk氏によると、“Killing Floor 2”開発において重要な3本の柱は“弾丸”と“刃”、“血”とのこと。
  • “Killing Floor 2”はRed Orchestraチームが開発を進めている新作で、武器の正確な表現を特色としている。
  • “血”の表現については、以前にレベルに付着した血が消えてしまわずに堆積する持続性の流血システムを実装していることが報じられたが、IGNの報告によると、Zedをヘッドショットした場合、ジャクソン・ポロックのアクション・ペインティング作品のように血流が飛び散り、敵を斬りつけた際にはどくどくと血液が流れしたたる様子が確認でき、これがずっとレベル環境に血痕を残したままだったとのこと。
  • また、各Zedには90を超える固有の死亡アニメーションが用意されており、ダメージの判定スポットとして用意された19のポイントに応じて前述した固有のアニメーションが動的にブレンドされ再現される。これにより、ひとつとして同じアニメーションは見られなかったとのこと。
「Killing Floor 2」
情報元及びイメージ:IGN

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.