「NVIDIA GameWorks」

先日開催されたGAME 24イベントにて、GTX 900シリーズやNvidia技術を採用するPCタイトルなど、ゲーマー向けの情報を多数アナウンスしたNvidiaですが、新たに多彩なビジュアルエフェクトやライブラリ、開発ツールを包括(新たに発表されたリアルタイムのボクセルGI“VXGI”や広域な草のシミュレート/レンダー技術“Turf Effects”もこれに含まれる)する“Nvidia GameWorks”の一部機能をPS4とXbox One、Android向けに対応させる計画が報じられ注目を集めています。

これは、既に対応済みのSDKや布シミュレーション、破壊シミュレーション以外の対応がGame 24イベント中に予告されたもので、パーティクルの現実的な流体アニメーションを実現する“Nvidia Turbulence”や、PCの一部対応タイトルに見られるもふもふのファー表現を実現する“Nvidia HairWorks”、HBAO+や高度なソフトシャドウ表現を含む“Nvidia ShadowWorks”、ボリュームレンダリングとグリッドベースの流体シミュレーターを組み合わせリアルな炎表現を実現する“Nvidia FlameWorks”、フォトリアルなフェイシャルを実現する“Nvidia FaceWorks”といったリッチなビジュアルエフェクトのPS4/Xbox One/Android対応が計画されているとのこと。

「NVIDIA GameWorks」
PhysxとVisualFX関連のプラットフォーム別対応機能と今後の計画
参考:フォグやパーティクルの流体/流動表現を実現する“Nvidia Turbulence”
“Nvidia HairWorks”でもふもふとなった“The Witcher 3: Wild Hunt”のオオカミ
参考:ボリュームレンダリングとグリッドベースの流体シミュレーターを組み合わせた“Nvidia FlameWorks”
コリジョンによって動きが変化するリアルタイムでボリューメトリックな炎を再現している
参考:“Nvidia FaceWorks”によるお馴染みのフェイシャルデモ
情報元及びイメージ:Worlds Factory

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.