「Destiny」

先日、第1弾の公式配信から判明した新情報をまとめてご紹介した「Destiny」の第2弾拡張パック“House of Wolves”ですが、昨晩予定通り新たなPvPコンテンツ“Trials of Osiris”にフォーカスした2回目の公式配信が実施され、約50分の配信アーカイブと共に新モードの概要が明らかになったほか、“House of Wolves”に収録されるマルチプレイヤーマップの情報も解禁され、PS向けの時限独占マップを含む4マップのプレイ映像が多数登場しています。

また、国内ではPS4とPS3版“Destiny”の30%オフとお買い得な“拡張コンテンツ1&2”のセット販売を含む春キャンペーンがスタート。さらに国内向けの公式プレビューも解禁され、日本語版のマップ名や新モードに関する概要が判明しています。

第1弾拡張パック“The Dark Below”のマップが5月19日に無料化

本日の情報解禁に併せてBungieが第1弾拡張パック“The Dark Below”にて導入された新マップ“The Cauldron”と“Skyshock”、“Pantheon”の無料化が決定し、“House of Wolves”の5月19日配信に併せて全てのプレイヤーが利用可能となる。

日本語版“ハウス・オブ・ウルブズ”の概要がアナウンス

前述した春キャンペーンの開始に併せて、日本語版“ハウス・オブ・ウルブズ”のコンテンツ概要がアナウンスされている。

  • 新しいアーマーや武器、アイテム。
  • 「光」のレベル上限が34に。以前手に入れた装備の最大レベルを上げるシステムを導入。
  • 新規サバイバル対戦モード「オシリスの試練」。
  • 新規共闘アリーナ「エルダーズ・プリズン」。
  • 新しい風景やベンダーを楽しめる新規ソーシャルエリア「リーフ」。
  • 新しいストーリーミッション。
  • 4つの新規クルーシブルマップ「ブラックシールド」「シーブズ・デン」「ウィドーズコート」「時の番人」。
  • その他(後日発表予定)

新たなPvPコンテンツ“Trials of Osiris”について

“Trials of Osiris”にフォーカスした公式配信のアーカイブ、プレイ映像も多数

“House of Wolves”が新たに導入するPvPコンテンツ“Trials of Osiris”は、エリミネーションスタイルのハイペースな3on3モードで、通常のゲームモードとは異なり、毎週異なるマップと週毎にリセットされるスコアカード“Trials Passage”を軸に重ねた勝利数に応じたリワードを用意するウィークリーイベントに近いコンテンツとなっている。

この3on3マッチは5ポイント先取したチームが勝利となるラウンド性を採用しており、ラウンド中に死亡した場合リスポーンはなく、仲間による蘇生のみ認められている。

「Destiny」
毎週リセットされるスコアカード“Trials Passage”(価格は100グリマー)
黄色が累積する勝利数、赤が敗北した数を示している

このイメージが“Trials of Osiris”のスコアカードとなる“Trials Passage”で、ReefのBrother Vanceから購入可能となる。プレイヤーは一度に1枚だけ“Trials Passage”を購入でき、9回の勝利に達するか、3回の敗北を重ねた場合、スコアカードをBrother Vanceに返却可能となる。(※ 途中でカードを廃棄し新しいカードを購入することも可能)

「Destiny」
参考:“Trials of Osiris”のスケジュール

新たなウィークリーイベントである“Trials of Osiris”は、毎週金曜日にスタートし、翌週の火曜PST午前10時に終了する。(※ 日本時間の毎週水曜午前2時)

また、“Trials of Osiris”マッチにおける直接的なリワードとして“Etheric Light”や“Trials of Osiris”テーマのレジェンダリ装備が得られるほか、スコアカードの勝利数に応じた幾つかのリワードが用意されている。

■ 現時点で確認されている“Trials Passage”の勝利数に応じたリワードの一部

  • 2~3勝:Motes of LightやPassage Coinを含むストーンからブロンズTierのリワード
  • 5勝:週毎に用意されたウィークリーアーマー
  • 6勝:シルバーTierのパッケージ
  • 7勝:週毎に用意されたウィークリー武器
  • 8勝:ゴールドTierのパッケージ
  • 9勝:詳細不明
「Destiny」
以下、“Trials Passage”の勝利数に応じて用意されたリワードの一部
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
異なる武器に同じパターンが描かれていることが確認され
武器用のスキンが導入されるのではないかと噂されている
「Destiny」
参考:ハンター用のOsirisアーマー
「Destiny」
ウォーロック用のOsirisアーマー
「Destiny」
Queen’s Wrathのショットガン
「Destiny」
“Trials of Osiris”のリワードとなるショックピストル
「Destiny」
タイタン用のOsirisアーマー
「Destiny」
ウォーロック用のOsirisアーマー
「Destiny」
Queen’s Wrathのミッションリワードとして入手可能なハンドキャノン

フォールンの隠れ家が舞台となる新マップ“Thieves’ Den”(シーブズ・デン)

「Destiny」

金星のカルデラに位置するフォールンの隠れ家を舞台とする新マップで、不安定な足場とリスクを回避するプレイヤー向けの経路を持つ大型の左右対称マップとなっている。

火星のフォボスが舞台となる新マップ“Black Shield”(ブラックシールド)

「Destiny」

火星のフォボスに位置する防衛拠点を舞台とする新マップで、Cabalの侵略に対抗すべく建設された施設とみられている。多数の狭所と通路、中規模のオープンな広間で構成されるシンメトリカルな構造を特色とする。

ヨーロッパの美しい廃墟“Widow’s Court”(ウィドーズコート)

「Destiny」

フォールンが拠点としていたヨーロッパのゴーストタウンを、Lord Shaxxがガーディアン用のトレーニング場としたマップ。長い通視線を持つ屋外と狭い屋内の局所戦の両方が楽しめる。

PlayStation版の時限独占マップ“Timekeeper”(時の番人)

「Destiny」

“Timekeeper”(時の番人)は、PS4/PS3向けの時限独占コンテンツとして用意された特典マップで、数世紀前にVexが火星に建築した謎の建造物が舞台となり、激しい戦闘が繰り広げられる小規模な局所戦マップとなっている。

“House of Wolves”の各種新スクリーンショットまとめ

「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」
「Destiny」

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.