UPDATE:12月4日16:26

新たに“Where the Water Tastes Like Wine”のスクリーンショットと幾つかのディテールを追加しました。

「Where the Water Tastes Like Wine」

現在、イベントの開幕に向けて行われている“The Game Awards 2015”のプレショーにて、かつてFullbrightで傑作“Gone Home”のプログラマを務めたJohnnemann Nordhagen氏が開発を率いる新作アドベンチャー「Where the Water Tastes Like Wine」の新トレーラーがお披露目されました。

“Where the Water Tastes Like Wine”は2016年発売予定
対応プラットフォームはPCとMac、Linux

20世紀初頭のアメリカ南部を舞台とする“Where the Water Tastes Like Wine”は、ジャック・ケルアックの“路上”やジョン・スタインベックの“怒りの葡萄”といった旅をテーマに描く現代アメリカ文学をはじめ、クロスロードの伝説に代表される古いブルースやフォーク、ブルーグラスソングに歌われる所謂ほら話に着想を得たタイトルで、世界を自由に探索しながら、ランドマークや都市を発見し、出会った旅人の物語を耳にしながら、プレイヤー自身のストーリーを物語るアドベンチャー作品となることが報じられていました。

(※ タイトルに記された“水がワインのように味わえる場所”は、60年代を代表するブルースバンドで伝説的なモントレー・ポップ・フェスティバルやウッドストックに出演した“Canned Heat”の代表曲“Going up the Country”に登場する夢のような逃避先として知られる)

また、本作の世界はコンセプトアーティストKellan Jett氏が描いた2Dのイラストレーションと、3Dオブジェクトを組み合わせ構築されており、ゲームが進むにつれて奇っ怪さやサイケデリック、シュール、恐ろしい要素がその色合いを増していくとのこと。

「Where the Water Tastes Like Wine」
「Where the Water Tastes Like Wine」
「Where the Water Tastes Like Wine」
「Where the Water Tastes Like Wine」
「Where the Water Tastes Like Wine」
「Where the Water Tastes Like Wine」
情報元及びイメージ:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその103
「5コマ:よし!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.