「Io-Interactive」

先日、スクウェア・エニックスが事業撤退を決定し、売却に向けた交渉を進めていることが判明した「Io-Interactive」ですが、スタジオの動向に注目が集まるなか、先ほどIOIの公式Twitterがスタジオの現状を報告。今後の取り組みに向けてスタジオの再編を行い、規模不明のレイオフを実施したことが明らかになりました。

今のところ、スタジオの売却先や今後に関する詳細は不明ながら、IOIは今回の再編が今後の取り組みに対する強化に繋がることを強調すると共に、レイオフの対象となった才能溢れる開発者や良き友人達との別れを惜しむメッセージを伝えています。

“Io-Interactive”は昨年11月に新たな拠点となる新スタジオをコペンハーゲンにオープンし、Quantic Dreamの開発ディレクターとして活躍したベテランChristopher Schmitz氏を製作総指揮に迎えたほか、今年の2月下旬には、2013年からスタジオを率いていたHannes Seifert氏がスクウェア・エニックスを退社し、最新作“Hitman”の開発を率いたHakan Abrak氏が新たなスタジオヘッドに就任したことが報じられていました。

なお、日本語版“Hitman”については、これまでの発表通り2017年内に発売される予定となっています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその112
「3コマ:たぶん、こうかな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.