「Rainbow Six」

本日、Deadlineがトランスフォーマーシリーズやローン・サバイバー、ビューティフル・マインドといった作品で知られるプロデューサー兼脚本家アキヴァ・ゴールズマン氏のインタビューを公開し、パラマウント・ピクチャーズがトム・クランシーの人気小説「レインボー・シックス」の映画化を進めていることが明らかになりました。

報告によると、映画“レインボー・シックス”は同じくパラマウントでビバリーヒルズ・コップのリブートを手掛ける脚本家Josh AppelbaumとAndre Nemecが翻案を手掛けており、かつてウィレム・デフォー(今そこにある危機)やリーヴ・シュレイバー(トータル・フィアーズ)が演じたジョン・クラーク役については、なんとデッドプールでお馴染みライアン・レイノルズの起用に向けた話し合いが進められており、今後の成功如何によってはジョン・クラークのオリジンである“容赦なく”(Without Remorse)の映画化も視野に入っているとのこと。

既に、ジョン・クラシンスキーが主演を務めるお馴染み“ジャック・ライアン”(トム・クランシーの代表作)のTVシリーズ化を進めているパラマウントですが、ジャック・ライアンが映画からTVシリーズへと移行したことで空いた実写アクションヒーローの座に、ライアン・レイノルズ扮するジョン・クラークが収まるか、今後の動向に大きな期待が掛かるところです。

なお、小説“レインボー・シックス”や“ジャック・ライアン”シリーズの映画化権はパラマウント・ピクチャーズが所有しており、今のところ今回の映画化にUbisoftの関与していないと思われます。

情報元:Game Informer, Deadline

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.