ボタンを捨てたNatalはゲーミングではなく”リビングルームの経験”を重視する

2010年4月23日 16:15 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Project Natal」

Xbox 360の今年の目玉でもあるモーションコントローラーProject Natalですが、ボタンや手に持つデバイスを捨て完全なモーションコントロールの道を選んだ理由にはリビングルームでの経験を大きく重視した事に関係しているようです。

Xbox 360のゼネラルマネージャを務めるMarc Whitten氏は「あなたがリビングのボタンの数を数えたら、それは寒気がする程の数でしょう。多くの人達が驚く程上手にゲームをプレイしますが、それ以外の人はゲームに存在するトリガーやボタン群を見て閉塞感を感じます」と述べ、Natalはゲーミングの為の物ではなく、リビングでの特別なエンターテインメントの経験を提供する物だと説明しています。

先ほどXbox 360の累計販売台数が4000万台を突破したニュースをお知らせしましたが、マイクロソフトは今年のホリデーシーズンを皮切りにWiiフィットやエクササイズを求めるカジュアル層への訴求も強化していくという事でしょうか。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.