Black Boxが「NFS: The Run」開発におけるFrostbite 2の優位性に言及、“過去作の3倍にも及ぶトラック”を収めることが出来た

2011年7月29日 18:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Need for Speed: The Run」

先日遂に新しいプレイ映像が公開されたNFSシリーズの最新作「Need For Speed: The Run」、これまでHot Pursuit 2やUnderground、Carbon、ProStreetなど、多くのNFSタイトルを手掛けてきたEA Black Boxが開発を担当するシリーズ最新作は、Battlefield 3にも利用されているDICEの新エンジン“Frostbite 2.0”を採用していることでも大きな注目を集めています。

そんなNeed For Speed: The Runの開発を率いるBlack BoxのプロデューサーJason DeLong氏がThe Runの開発におけるFrostbite 2.0エンジンの優位性に言及しました。

まずDeLong氏はThe RunがFrostbite 2.0を採用した理由として、シネマティックな本作のコンセプトを制作する際、世界レベルのゲーム経験を提供するにはFrostbite 2.0が実現するビジュアル、キャラクターアニメーション、物理演算、環境の破壊表現、オーディオなどが全てが必要とされる要素だと判断し、DICEと手を組むことを決定したと明かしています。

DeLong氏は具体的にFrostbite 2.0が必要とされる例として、ゲームがハリウッドスタイルのストーリーを十分に提供する場合には信じられない程詳細なキャラクターとパフォーマンスが必要だと説明、Frostbite 2.0なら法外なVFX効果や、環境破壊表現など激しいアクションシーンの制作が可能になると発言。さらにサンフランシスコからニューヨークまで、アメリカ大陸を横断するThe Runではゲーム内に300kmを超えるトラックを導入することが出来たと述べ、このサイズはこれまでのNFSタイトルに比べ3倍を超えるトラックのサイズだとFrostbite 2.0のパワフルさをアピールしています。

また、DeLong氏はNeed For Speed: The Runの開発においてDICEだけでは無く、Burnoutシリーズでお馴染みのCriterionとも密接な協力体制にあることを明かしています。

情報元:360 Magazine

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.