「Adventure Time」を生んだPendleton Ward氏がゲーム化に興味津々、可能なら“Oblivion”の様なタイトルを作りたい+おまけ

2011年9月24日 18:29 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Adventure Time」

以前からdoope!では強力にプッシュしている海外アニメーション作品「Adventure Time」、一見脱力系のゆるカワ作品に見える本作ですがその実は小学生の妄想をぶちまけた様なカオスな作品で、フリーダムな発想や夢と友情、そして魅力的なキャラクター達に恵まれた今最も愉快なアニメーション作品の1つだと言えます。(※ 主人公の1人で犬のジェイクはギアーズシリーズのマーカス役でお馴染みJohn DiMaggio氏がボイスアクトを担当)

そんな素晴らしい作品を産んだアーティストPendleton Ward氏がAdventure Timeのゲーム化に興味を示していることがGame Informerのインタビューから明らかになりました。

参考:Adventure Timeのオープニングやシーンも収められたPendleton Ward氏のインタビュー映像

実はWard氏自身がかなりのゲーマーとのことで、物語がゲームデザイナーにとって最も重要な要素とは限らないと述べた氏は、しかし素晴らしいゲーム達はどれも確固としたストーリーを持っていると語り、自身がいつかゲームを作る時にはストーリーが前面に出て中心的な役割を果たすだろうと明かしています。

そして氏は少ない予算であれば横スクロールゲームが妥当だろうが、巨大な予算があればOblivionのように自由な冒険が出来るAdventure Time世界を作り上げたいと発言、もしくは塊魂的なグラフィックのモンスターハンター的なゲームなども楽しいかもしれないと夢を語りました。

なお、現在Dead Islandをプレイ中のWard氏はゾンビにすっかりはまっている様子で、来シーズンのAdventure Timeはゾンビを多くフィーチャーした内容になるとのこと。この調子でThe Elder Scrolls V: Skyrimがリリースされたらどうなるのか、今後の展開が今から楽しみでなりません。

「Adventure Time」
おまけ:Two for Two CakesによるFionaとCakeのケーキ!
情報元及びイメージ:Game Informer, Super Punch

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.