Double Fineが難病に冒されたファンに贈った応援メッセージ

2011年10月5日 15:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Double fine」
Psychonautsをリリースした頃のティムとChrisさん

ファミリー向けのKinect対応カジュアルタイトル「Sesame Street: Once Upon a Monster」のローンチが迫るDouble Fine、今作はキュートなファミリー向けタイトルですが彼らが手掛けるタイトルはBrutal LegendやTrenchedなどに顕著なDouble Fine特有の猛毒を多く含有しており、ActivisionのボスBoobby Kotick氏とティム・シェーファーの軋轢やビール片手に語り合う開発映像など、アナーキーなスタジオとして根強い人気を博しています。

この方向性や個性的なアウトプットはLucasArts時代から混沌としたアドベンチャータイトルを多く手掛けてきたお馴染みティム・シェーファーの存在に拠るところが大きく、毎度バカバカしいニュースや作品がファンを楽しませています。

そんなDouble Fineが初タイトルPsychonautsをリリースしたころにスタジオを訪問した経験があるChris Machadoさんが海外情報サイトのI Heart Chaosに1件の記事を投稿しました。

Machadoさんは高校生の頃、友人と共に大好きだったDouble Fineに手作りのクッキーを添えた熱烈なファンレターを送り、サンフランシスコのスタジオを訪問しても良いかと聞いたところDouble Fineがこれを快諾、スタジオでゲーム開発の様子をたっぷりと見学させてもらった上に、ペアのガイド付きアルカトラズツアーのチケットをプレゼントされたとのこと。

その後、数年に渡ってMachadoさんとDouble Fineの間で連絡が取られることは無かったそうですが、数年前にMachadoさんが難病である水頭症を発症、5ヶ月の間に2度の脳外科手術が行われましたが完治には至らず、3度目の手術が決定したそうです。

そんな中、3度目の手術が決まったMachadoさんのもとに一通の便りが届き、そこにはDouble Fineタイトルのアートワークを多く手掛けるScott Campbell氏のイラストと共に、スタッフ全員からの応援メッセージが記されていました。

手術がどうなったのか、Machadoさんの体調がどうなのか詳細は記されていませんが、本人がこれを投稿していることや、みんなDouble Fineのゲーム買おうぜ!と締めてあるあたり、応援がばっちり効いたであろう様子が垣間見え一安心といったところ。Double Fineらしいおかしさに満ち、しかしとても優しいメッセージは以下でご確認下さい。

「Double fine」
君の後頭部を縫い合わせた時に脳みそ入れとくの忘れたんだけど使う?
「Double fine」
スタッフ全員からの応援メッセージ
情報元及びイメージ:I Heart Chaos

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.