F2Pモデルに移行した「DC Universe Online」のユーザー数が10倍を超える成長を遂げていることがRaptr統計から判明

2011年12月9日 17:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「DC Universe Online」

本日各種プラットフォーム向けのゲームソーシャルサービス“Raptr”が今年最もプレイされたゲームの発表を行い、Bethesdaの“The Elder Scrolls V: Skyrim”がトップに輝いたとお知らせしましたが、“加入モデルからF2Pに移行し最も成功したゲーム”の部門賞に選ばれたSOEのMMOタイトル「DC Universe Online」がF2P移行後にユーザーベースで10倍を超える脅威的な成長を遂げていることが明らかになりました。

「DC Universe Online」
完全に1タイトルだけ突出している「DC Universe Online」

Raptrの統計によるとDC Universe Onlineの成長はユーザーベースで1000%の増加に達し、一日辺りのプレイ時間では2500%という爆発的な成長を遂げているとのこと。また、先日Steamにも登場したAPBやChampions Onlineもそれぞれ5倍近い増加を見せており、昨今ますますF2P化が進んでいるMMO界隈の事情が透けて見える興味深い統計結果だと言えそうです。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.